大人女子のためのWebメディア
検索
2019年11月01日更新

リア充の女友達が羨ましい…!妬みの感情と上手に付き合う方法

妬みの感情を上手に付き合う方法

自分の人生がうまくいっていない時、幸せそうな女友達を見るとつい妬みの気持ちが湧いてしまうものです。妬む気持ちと上手く付き合っていく方法を紹介していきます。

妬む感情を受け入れる

妬みと上手に付き合っていくためには、まずそうした感情の存在を受け入れることが大切です。妬みなどのあまり良くない感情が湧いてきてしまうと、自分のことが嫌になってしまうでしょう。

 

しかし妬みの感情はごく自然なものであり、程度の差こそあれ誰の心にも存在しています。ネガティブな感情を持つことそのものは悪いことではありません。過度に罪悪感を覚えたり、自分を責めたりしないようにすることが、妬みと付き合う第一歩です。

自分自身の良いところを見つける

妬みにとらわれてしまいやすい人は、自己評価が低すぎることが多いです。自分自身の価値を認められないため、他の人の人生が必要以上に輝いて見えてしまうのです。

 

低すぎる自己評価を高めて自分自身をもっと好きになることができれば、妬みの感情を小さくすることができるでしょう。

羨ましい気持ちに切り替える

妬ましい気持ちと、羨む気持ちは似ているようで少し違っています。「妬ましい」という言葉には、ネガティブな側面がつきまといます。度が過ぎれば相手への憎しみへと変わりかねない…そんなイメージも持つ言葉でしょう。一方、「羨ましい」という言葉には、自分ももっと幸せになりたい、といった願望が含まれています。

 

素直に羨ましいと感じることができずに妬ましい気持ちが大きいと感じる場合は、もしかすると相手のことを心のどこかで認めていないのかもしれません。あるいは本心では認めているが、プライドがあって受け入れられないこともあるでしょう。

 

妬みの感情が湧いてきたら一旦素直に相手のことを認め、羨ましいと感じる気持ちに切り替えていくのも、妬みとうまく付き合っていく方法のひとつです。

ライバルとして意識する

妬みの感情が抑えきれない…。そんなときにはいっそのこと、相手のことをライバルとして認定してみるのも良いです。無理に自分の気持ちをごまかすより、ストレートにライバル視して、モチベーションの向上に役立ててみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。