大人女子のためのWebメディア
検索
2019年11月12日更新

「なりたい自分」に確実に近づく!お金の使い方のコツ5選

「なりたい自分」に確実に近づく!お金の使い方のコツ5選1画像

「あー、また無駄な買い物しちゃった」
「買ったときはテンション上がったけど、全然使ってない」
「無駄遣いしているつもりはないのに、いつもお金がない」
そんな、買い物下手・お金の使い方が下手な女性って多いですよね。

 

今回は、なりたい自分になるため、お金の使い方で後悔しないための、使い方のコツをご紹介していきます!

「なりたい自分」になるためのお金の使い方のコツ1. 「浪費」より「投資」

後悔しないためのお金の使い方をマスターするための基本的な考え方として、「お金を使う前に「その買い物は、浪費か投資かを見極める」ということが挙げられます。

 

浪費とは、無駄な出費のこと。投資とは、購入価格以上のリターン・満足感が得られる出費のことです。

 

たとえば、ストレス発散のために購入したけれど、実際には一回しか袖を通さなかったワンピースは浪費、自分の気分を上げてくれて何回も着てデートに行けるワンピースは投資に該当します。

 

買い物をするときには、「これは単なる浪費かな? それとも投資かな?」と一度立ち止まって考えてみましょう。

「なりたい自分」になるためのお金の使い方のコツ2. 「ご褒美買い」より「高嶺の花買い」

「なりたい自分」に確実に近づく!お金の使い方のコツ5選2画像

自分へのご褒美に、服や鞄、アクセサリーを購入する人は多いですよね。でも、なりたい自分に近づきたいなら、ご褒美消費よりも、「高嶺の花消費」をしましょう。

 

高嶺の花消費とは、「自分にはちょっとハードルが高い、でも憧れている。その商品を使っている自分が理想」と思えるものを手に入れるための出費のことです。

 

理想の職業や状況を思い描き、その理想の自分ならどういったアクセサリーや鞄を身につけているかをイメージして、ショッピングしましょう。

 

ただし、常に高嶺の花消費をしていると、お金がいくらあってもたりませんから、まずは、アクセサリーや鞄など、日常使いできて、「これが似合う自分になろう!」と、自分のやる気とテンションを上げてくれるものを一点買いしましょう。

「なりたい自分」になるためのお金の使い方のコツ3. 「ちまちま節約」より「ばっさりコストカット」

お金がないから節約しないと、とちまちまコンセントの電源を抜いていても、なかなか状況は変わりません。

 

無断な出費をカットしたいなら、思い切って固定費を見直しましょう。ネットの通信料を安い会社に変えてみる、格安スマホに乗り換える、安い家賃の場所に引っ越す、などを検討しましょう。

「なりたい自分」になるためのお金の使い方のコツ4. それは本当に「あなたが」が欲しているものか、をしっかり疑う

「なりたい自分」に確実に近づく!お金の使い方のコツ5選3画像

世の中の「常識」や「雰囲気」に流されて、無駄な出費をしてしまっている人は多々います。でも、空気に流されて貴重なお金を浪費してしまうのは本当にもったいないことです。

 

「本当にそれが必要なのか」を考えて、世間体や見栄のためだったり、みんながそうしているからというただそれだけの理由だったりした場合は、財布のひもを緩めない方がいいでしょう。

「なりたい自分」になるためのお金の使い方のコツ5. お金でキャリアを買おうとしない

「なりたい自分」に確実に近づく!お金の使い方のコツ5選4画像

仕事に行き詰まったとき、キャリアアップしたい、転職したい、副業を始めたいと考える人は多いでしょう。

 

ただし、世の中には消費を促すだけでキャリアにはつながらない資格ビジネス・副業ビジネスが多数存在しています。お金を出してとりあえず教材を購入したり、資格を取得したりすれば道が開けるだろう、と考えるのは早計です。

 

なかには、数十万払って資格を得たけれど、月数千円しか稼げない、という種類のものもあります。後悔しないためには、その教材で学べることや稼ぎの見通し・資格取得にかかる費用や期間とその後のリターンについて、厳しい目で吟味する必要があるでしょう。

お金の使い方次第で、人生は変えられる

今回は、なりたい自分になるためのお金の使い方をご紹介してきました。

 

後悔しない人生を送るためには、後悔しないお金の使い方をマスターすることが不可欠です。浪費ではなく投資をすることを意識し、お金と賢く付き合っていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。