大人女子のためのWebメディア
検索

あったか〜い珍しいデザート♡この冬は台湾スイーツであったまろ!

あったか〜い珍しいデザート♡この冬は台湾スイーツであったまろ!

毎年毎年目新しいスイーツが流行りますが、この冬は温かくて珍しいデザートが多い、台湾スイーツを堪能してみませんか?ヘルシーで身体もあたたまる人気台湾スイーツを紹介します。

湯圓(タンユェン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

在台南生活的台南人⛅️郭仔(@guo_tainan_fooddiary)がシェアした投稿

湯圓(タンユェン)とは、もちもちとした食感が特徴的な、白玉団子のようなスイーツです。台湾では、とてもポピュラーなおやつとして知られていて、スーパーでは冷凍の湯圓が売られています。自宅で茹でて食べる人も多いのだとか!

 

食べ方としては、かき氷や豆花にトッピングしたりもしますが、寒い時期におすすめなのが、温かい汁に浸してぜんざいのようにして食べるスタイルです。店によって湯圓の種類と汁の種類に違いがあり、湯圓は真っ白い定番の他にもカラフルに色付けされたものや、中に胡麻やピーナッツの餡が入ったものもあります。

 

汁はピーナッツベースや小豆ベース、それらのミックスなどがあります。日本国内でも湯圓が味わえる店は増えているので、この冬はぜひチャレンジしてみましょう。

焼仙草(シャオシェンツァオ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saimer_studio(@saimer_studio)がシェアした投稿

豆花のトッピングとしてもよく見かける、ぷるぷるとした真っ黒いゼリー状のスイーツである仙草。台湾では、その仙草を寒い冬場は温めてスープ状にして食べるのが人気。焼仙草(シャオシェンツァオ)という名前ですが、実際は焼いて食べるわけではありません。

 

焼仙草自体はあまり味がなく、ほんのり甘みを感じる程度です。シロップを加えたり小豆やピーナッツ、芋団子などをトッピングして食べるとちょうど良い甘さになり、トロリとした食感とベストマッチする魅惑の台湾スイーツです。

 

またこの焼仙草、初めはとろりとしたスープ状なのですが、冷めていくにつれいつの間にかゼリー状に戻っていきます。そんな変化を感じるのも面白いですよね。食物繊維も豊富で、滋養強壮や美肌効果も期待できる仙草は、女性におすすめなスイーツでもあります。

紅豆餅(ホンドウピン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gonkiann(@gonkiann)がシェアした投稿

紅豆餅(ホンドウピン)は車輪餅とも呼ばれ、その価格の安さから絶大な人気を誇る台湾スイーツです。台湾では屋台で売っていることが多く、1個30円程度で買えるので、特に学生たちに大人気です。日本の大判焼や今川焼と同じような見た目ですが、中の餡のバリエーションが豊富なのが紅豆餅の特徴。

 

日本でおなじみの小豆の他に、チョコレートやクリーム、タロイモや緑豆など、台湾ならではの餡もあり、店によってその種類も違うので、お気に入りの店を探すのも楽しいかもしれませんね!紅豆餅は多くの台湾スイーツと違い、餡の違いはあれど見た目で味の想像がつくところが、台湾スイーツ初心者でも安心してトライできるので、食べてみやすいですよ。

あったか~い台湾スイーツで寒さもへっちゃら♡

台湾スイーツには、寒い冬にピッタリな温かいものがたくさんあります。この冬は、珍しくて美味しい台湾スイーツで心も身体も温まりましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。