大人女子のためのWebメディア
検索
2019年10月18日更新

大人になってからできた友達との上手な付き合い方 

大人になってからできた友達との上手な付き合い方 

昔からの友人知人とは違って、大人になってから出来た友達との付き合い方には難しいポイントがたくさんあります。失礼があると不仲になってしまうばかりか、周囲にも悪評が広がり一人ボッチになってしまうこともしばしば

そこで今回は、大人になってからできた友達との上手な付き合い方についてお話ししていきます。

1.「自分が正解」といった言い回しは避ける

オトナになってから気になり始めることというのは、「自分が間違っていないかどうか」ということ。誰に聞いてもわからない正解不正解ですが、「わたしこと正解」とも聞こえる発言って、癇に障ると感じたことはありませんか?

 

いつだって、誰でも自分が愛おしいし守りたいだからこそ、大人になってからの友人に否定され「わたしみたいにあるべき」なんて言われたら腹が立つものです。自分があたかも正しいというような発言は慎むよう気をつけましょうね。

2.他人のまた聞きを信用しないようにする

子どもも大人もどんなときもあるのが、「○○ちゃんが言ってたんだけど」というもの。陰口、悪口根も葉もないような話が広がって、気付けば修復不能なほどの亀裂を生じさせることもあります。

 

基本的に、その場にいない人の話題になったら話半分で聞くように!そして、信じずにしっかり本人から聞いた話だけを信用するようにしましょう。

3.お金にまつわる話は最大限の注意を払って!

よりセンシティブなのがお金の話。人の家庭が自分より明らかに裕福だと嫉妬され、ときにその嫉妬から仲間はずれにされたり。逆に生活水準が低過ぎるといったことでも、友人関係をうまく続けられなくなってしまうので、お金にまつわる話は周囲のトーンに合わせておくのがベスト。

 

本当に気ごころが知れていて、気兼ねなく話せる信頼の出来る相手にだけ話す程度にとどめておきましょう。口の軽い人に話をしてしまったら最後それはもう、皆の周知事項になってしまいますから気を付けたいところです。

 

いかがでしたか?昔の友人知人には言えることでも、大人になってからの知り合いには中々言いにくいことってありますよね。ぜひ、そんなときはこの3つのポイントを思い出して、気を付けて会話をしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。