大人女子のためのWebメディア
検索

春はやっぱりピンク♡アラサー大人女子に似合うピンク色を教えます!

春はやっぱりピンク♡アラサー大人女子に似合うピンク色を教えます!

アラサーになると、可愛さは欲しいものの年齢が気になり、ピンクの使い方が難しく感じることも増えてきますよね。そんなアラサー女子にこそ似合うピンク色について紹介していきます。

落ち着きある「ダスティピンク」

色味の濃いピンクだと、どうしても元気なイメージが先行してしまうので、アラサーになると手が出しにくくなりますよね。しかし、同じピンクでもくすんだ色味になると上品に着られるので、むしろアラサー女子にこそピンクはおすすめなんですよ。

 

中でも「ダスティピンク」は、ちょっぴりくすんだピンクで、とても使いやすいです。10代や20代前半だと、ダスティピンクは何となく元気が無く、可愛らしさが少ないように感じてしまいがち。ですが、アラサーになり大人の魅力が出てくると、グッと色っぽく着られるのがダスティピンクの魅力です。落ち着いた色味の中にピンクの華やかさも兼ね備えているので、トップスでもボトムスでも上品に着られます。

メイクには「コーラルピンク」

アラサー女子におすすめなピンク色の中でも「コーラルピンク」はメイクに取り入れたい色味です。頬や唇など、血色が気になり出すのもアラサーならではの悩みではないでしょうか。コーラルピンクはピンクにベージュを混ぜた色味のため、肌に馴染みやすいのが特徴です。

 

ピンクの色味が強くですぎることもなく、ベージュよりもハッキリとした色合いになるので、色味が不足してしまうこともありません。チークやリップに使えば、自然な血色を与えて顔のトーンを上げてくれるので、アラサー女子にこそおすすめですよ。

挑戦しておきたい「ローズピンク」

大人の女性としての魅力を押し出したいなら、「ローズピンク」がおすすめ。紫色の入った明るめの色合いであるローズピンクは濃い色味のため、見ているだけだと躊躇してしまうかもしれません。けれど、いざ着てみると案外印象が変わります。

 

可愛らしいだけのピンクとは違い、ワンランク上の大人っぽい印象のピンクとなるので、ローズピンクはアラサー女子にこそピッタリの色味といえます。大人っぽい女性らしさをひき出してくれるので、アラサー女子なら一度は挑戦しておきたいピンクですよ。

色だけでなく素材や使用面積もポイント!

アラサー女子が上手にピンクを取り入れるためのポイントは、色味だけでなく素材選びと使用面積もあげられます。全く同じピンクのスカートでも、素材や丈が変われば印象もガラリと変わりますよね。大振りのリボンがついていてペラペラした素材のミニスカートとツイード素材のタイトスカートを比較すれば、その違いは明らかではないでしょうか。

 

アラサー女子がピンクをとり入れる際は、色の選び方も大切ですが、それ以上にポイントとなってくるのが素材と使用面積です。ピンクが似合わないと思ったら色を変えるのではなく、素材や使用面積に注目して、異なるデザインを試してみるのもおすすめですよ! 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。