大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月01日更新

コンプレックスは克服できる!等身大の自分を認める方法とは

現実を受け入れる・自分を認める方法とは

等身大の自分自身を受け入れる事でコンプレックスは克服できる、現実の自分を認める事でストレスケアになる等、色々なアドバイスがありますが、実際にはどのように実践すれば効果的なのでしょうか?

現実を客観的に受け入れる方法

現実の自分をありのまま、受け入れる事は非常に難しい作業となります。理想として思い描く自己像とリアルの自分自身が、あまりにも離れている場合が多々あります。現実の自分を直視すると、理想像のギャップから苦しい思いに悩まされるものです。

ただ現実の自分を否定せず、優しく受け入れる事でストレスが減りますし、他人へのジェラシーやコンプレックスが湧き難くなります。その具体的な方法ですが、文字通り自分を他人のように一度考えてみる事です。

第三者の視点に立ち、自分の普段の行動を再確認したり、性格や長所や短所を客観的な視点から見つめ直します。第三者の視点から見ると意外と自分は努力家という事が分かったり、理想像と離れているものの、今まで気が付かなかった長所が色々と見つかったり、短所があるものの他人からは特に問題視されていない事が分かれば、ありのままの自分を優しく素直に受け入れられます。

苦手分野や短所を受け入れる方法

人にはどうしても改善できない短所や苦手分野があるものです。これは天才的なスキルを持つ有名人やアスリートの方々にも共通する問題であり、第一線で活躍する方々も密かに自分の短所や苦手意識に悩まされ、その克服に努力しています。

ダメな自分を認める方法ですが、自分の欠点や苦手を直そうとしない事です。何だか矛盾した対策に感じるかもしれませんが、根本的な性格や不得手な事は、いくら努力しても完全に直る事はありません。むしろ改善しようと努力すればする程、ダメな部分がクローズアップされ、自分の長所や得意なスキルまで上手く発揮出来なくなります。ダメな部分は開き直り、自分の個性だと割り切って受け入れる事が効果的です。

加点評価で自分を再評価

自分のダメなポイントを箇条書きにするのは逆効果です。それよりも自分の得意なところや他人から褒められたスキルなどを箇条書きにしていき、いわゆる加点評価で自分自身を再評価しましょう。弱点ばかりに気を取られると本来の個性が潰れやすくなり、自信喪失にも繋がります。

コンプレックスやストレスを乗り越える

現実の自分と理想像には大きな違いがあって当然です。元々努力家な女性ほど良いも悪いも高い理想像を思い描きやすいです。理想が高い事で不断の努力を続けられる事もありますが、現実の自分を客観的な視点から見つめ直し、ありのままの自分自身をストレートに再評価してあげる事が劣等感や嫉妬心を生まないために重要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。