大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月12日更新

「クラウドソーシングで数万しか稼げない」を脱する3つの方法

「クラウドソーシングで数万しか稼げない」を脱する3つの方法画像

子育て中の主婦や、自分の時間が限られている専業・兼業主婦の方が、週に5日、正社員として働くのはたいへんです。結婚や出産を機に離職した、という方も多いでしょう。自分は仕事を続けたかったけれど、会社で産休をとった例がないために、泣く泣く仕事を手放さなければならなかった、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

夫の収入があるとはいえ、自分の収入がまったくないのは不安ですよね。また、夫の収入だけでは生活できない家庭もあるでしょう。どういったケースにせよ、自分の収入があるに越したことはありません。

クラウドソーシングの魅力は、家にいながら働けること

「クラウドソーシングで数万しか稼げない」を脱する3つの方法2画像

そういった、時間は限られているけれど収入がほしいと考えている方に人気なのが、クラウドソーシングです。

 

クラウドソーシングとは、企業や個人がプラットフォーム上に上げた仕事を、ネットを経由して受注する働き方を指します。遠方に出向いて面接したり、出勤したりする必要がないため、主婦や家で仕事をしたい人などに人気です。

 

クラウドソーシングのサービスはたくさんありますが、もっとも有名なサービスは、クラウドワークスとランサーズでしょう。どちらにも様々な種類の仕事が掲載させていますから、気になった方はぜひ一度確認してみてください。デザイン、ライティング、編集、テープ起こし、イラスト、翻訳などの仕事が掲載されており、自分ができそうな仕事に手を挙げて、受注します。

クラウドソーシングで高収入を得るのは難しい

クラウドソーシングは家でコツコツ仕事がしたいという人にとっては嬉しいサービスです。しかし、問題もあります。

 

イラストやデザインなど、特殊な技能がある人は、クラウドソーシングを使って単価の高い仕事を受注することができます。ですが、特に専門的なスキルがない人は、テープ起こしや、簡単なライティング作業などの仕事をすることになります。誰にでもできる仕事は単価が下がりますから、実際に働いてみたら最低時給を下回っていた、というケースも少なくありません。

 

実際、クラウドソーシングで仕事を受けている人のほとんどは、月数万円の収入にとどまっており、それだけで生活していけるレベルの人は一握りです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪