大人女子のためのWebメディア
検索
2020年07月24日更新

幸せって何?迷い始めるアラサーが間違えがちなフェイクの幸せとは

幸せって何?迷い始めるアラサーが間違えがちな偽物の幸せとは

女性も30代になると、何が自分にとって本当の幸せなのか、迷い始めることもあると思います。そのような場合、偽者の幸せを本物と勘違いしてしまうこともありがちです。ここでは、惑わされやすい偽物の幸せを3つ紹介します。

食べすぎで喜びを感じる幸せ

アラサーの女性が間違いやすい偽物の幸せの一つが、過度の食べすぎです。経済力のある30代の女性ならば、好きな物を何でも自由に食べることができますが、そのような場合に陥りやすいのが、健康を害するほど食事量を増やしてしまうことです。

 

食べることは人間にとって大きな幸せの一つであることから、おいしい物を食べれば食べるほど、幸せになれると考えるのも無理のない話です。ですが、人間にとって食事は健康を維持する重要な役目を果たしている行為でもあり、過度の食事によって、逆に体調を崩してしまう場合もあります。

過剰な栄養の摂取が原因となる成人病も多いことから、どれだけ食べることに幸せを感じても、食事の量は適度に抑えることが、本当に幸せに生きるための方法です。

買い物で喜びを感じる幸せ

アラサーの女性にとって、ショッピングに熱を入れ過ぎてしまうことも、偽物の幸せになる場合があります。自分で稼いだお金で、自分の好きな物を買うのは、仕事のストレスを解消する最適な方法ですが、物を購入することばかりに幸せを感じてしまうと、浪費に歯止めが効かなくなってしまう場合があります。

 

欲しい物を見ると、購入せずにはいられなくなってしまい、気がついたら家中に、不要なものがあふれかえっているようなことさえありえます。洋服やアクセサリーを購入することは女性にとって大きな幸せですが、物を買うことにこだわりすぎていると、生活に必要なお金までなくなってしまうので、買い物はほどほどにしておいたほうが安全です。

お酒を飲んで感じる幸せ

お酒を飲みすぎてしまうことも、アラサーの女性が気をつけたほうが良い偽物の幸せです。お酒が好きな女性にとっては、お酒を飲んでいるときに、人生で一番の幸せを感じることも多いと思いますが、お酒も適量を超えると、体に害を及ぼす危険性があります。

 

酔えば酔うほどに幸せな気持ちになってしまうので、お酒を飲む量に制限がなくなってしまうのは、酒好きなアラサーの女性にはありがちなことです。ですが、あまりにもお酒の摂取量が多すぎると、肝臓や腎臓に大きな負担がかかってしまって、思わぬ病気の原因になってしまう可能性も増加します。

体に無理をかけない程度に、適度にお酒を飲むのが、病気のない幸せな人生を送るための一番の秘訣です。

偽物の幸せに惑わされない

女性もアラサーになると、本物の幸せに迷うこともありがちです。そのような場合に気をつけなければいけないのが、偽物の幸せに惑わされることです。

食べるのが好きな人は、食事に一番幸せを感じることも多いと思いますが、極度の食べすぎは病気の原因になります。買い物や飲酒なども過剰になると、偽物の幸せになります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。