大人女子のためのWebメディア
検索
2020年08月19日更新

汗が気になる…!背中や脇の汗への女子の対処法3つ

汗が気になる季節が来ました…。背中や脇汗への女子の対処法3つ

気温が高くなる季節は汗をかきますが、そのまま放置するのは衛生上、良くありませんよね。特に社会人ともなれば清潔に保つこともマナーのひとつですよね。背中や脇の汗への上手な対処法を学びましょう。

発汗を抑えるコツ

暑くなったら汗をかくのが当たり前ですが、それ以前にできるだけ汗をかかないように工夫することが重要です。

人の体は極端な温度差を感じると発汗量が多くなります。涼しい所から急に暑い所へ移動すると大量の汗をかくので、体を徐々に暑い環境に慣れさせるのが効果的な対処法です。

時間をかけて少しずつ温度を上げます。温度差による暑さを感じない程度の間隔で徐々に温度を上げるのが汗をかかないコツです。体が慣れることで屋外に出ても発汗量を抑えることが可能になります。

通気性と速乾性が良い衣類を選ぶ

汗をかくことでもっとも厄介な点が衣類に残る汗のシミです。特定の部分だけべっとりと濡れた状態になり、見栄えが悪くなってしまいます。また、いつまでも湿っていると不快な臭気も発生するので衛生的ではありません。

このような事態を避けるため、衣類は通気性と速乾性を重視して選びます。通気性が良いほど空気の流れが生じやすくなり、発汗量を抑えることができます。また、速乾性のある衣類は汗を吸いこんでもすぐに乾くのでシミが残りません。水分が無くなることで湿気も残らず、不快な臭気も減らすことができます。

肌を露出させると高温の外気や日光に晒されてしまい、発汗量が増えるので良くありません。薄い生地の衣類を選び、できるだけ露出を防ぐのが効果的な汗対策になります。

制汗グッズは使い過ぎに注意

発汗を抑える効果がある制汗グッズは使い勝手の良さから広く普及しています。スプレーやシートなど種類は様々で、手軽に使用できるのが大きなメリットです。

即効性なのも便利な点ですが、その一方で使い過ぎによる健康被害には注意しなければいけません。制汗グッズは含有成分によって汗腺を塞ぐ仕組みになっています。汗腺が塞がれたことで汗が排出されず、そのまま体内で分解されます。そのため、場合によっては不快な体臭が発生したり汗腺の周囲が炎症を起こす可能性があります。

不快な汗を減らす効果がある制汗グッズですが、体への影響を考慮して慎重に扱うことを忘れてはいけません。

身だしなみと体調管理の両面から

暑い季節の発汗はできるだけ抑えたいものですが、その一方でやり過ぎは体に良くありません。分泌された汗を閉じ込めることよりも、最初から汗をかかない、発生した汗への対処を速やかに行うことを心がけましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。