大人女子のためのWebメディア
検索
2020年09月30日更新

ややこしい女同士の上下関係。うまく乗り切るためのガールズルール

ややこしい女同士の上下関係。うまく乗り切るためのガールズルール

どの年代になっても悩む事、それは女同士の上下関係です。不思議と2人より3人、3人より4人と人数が増える度に問題が起きます。うまく乗り切るために何を守るべきなのでしょうか!?

先輩には尊敬の気持ちを忘れない

上下関係として例に挙げる1つに会社の先輩、後輩の関係性があります。女性に限らず会社には様々な人がいてその人達に対する接し方もそれぞれ変わってきます。怒りやすい上司、陰口をたたく同期、何を考えているのか分からない先輩など様々な人間模様が繰り広げられている場所です。

女性の先輩に対しては先に入社していて経験年数も違う事から尊敬の気持ちを持ちながら接する事が大切です。尊敬の気持ちを忘れずにいると余計な事を伝えてしまう事もなければ、1歩後ろに下がって客観的に相手を見る事もできます。

大げさに言えば、いつも背中を見て勉強させてもらっています!くらいの気持ちで接する事が大切です。

後輩には寄り添う気持ちを持つ

会社での後輩、学校時代の後輩、バイト先の後輩など一定の場所にいるとその内自分にも後輩が出来ます。いくら後輩だからと言って横柄にふるまってはのちのち大変な事になります。

後輩との関係を良いものにするには、後輩に寄り添っていくという気持ちが大切です。何か困っている事はないかと気にかけたり、一方的にこちらから話しかけるのではなく後輩の話を聞いてあげることが必要です。

後輩からすると先輩にしょっちゅう誘われたり、ずっと先輩の話をされ続けると断りづらく話の終わり方が分からない心境になります。あまりにしつこくしない、相手が今どう思っているかという事を意識して接していきましょう。

ママ友の先輩には先入観を持たない

ママ友と聞いてキラキラした良いイメージを持つ人はどれくらいいるでしょうか。もちろん中にはママ友から親友になりましたというケースもあるでしょう。ただ多くのママはママ友との関係に1度は悩んだ事があるのではないしょうか。

子どもが出来てこれからママ友の関係をどうすれば良いのかと思い悩むスタート手前の方には、ママ友の先輩に先入観を持たずにスタートをきって欲しいです。

何となく怖い、人間関係が複雑そう、子どもの為に仲良くしなきゃ!と思いがちですが、いざ関係性を築くと主体は子どもであってその周りにママ友がいる事に気づきます。身構えずに先入観を持たずありのままの自分でママ友と接することが大切です。

 

女同士の上下関係に多少のトラブルはつきものと思って、トラブルに対処できる力を養う事が大切です。

絶対に悪口は言わない、あからさまな態度はとらない、陰口に同調しない事がこの先も良い人間関係を築いていく基礎となります。トラブルがあればその先には成長してパワーアップした自分がいるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。