大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月21日更新

「恨まれてるかも…!?」同性から嫉妬されやすい女性の特徴

恨まれてるかも…?!同性から嫉妬の対象になりやすい女性の特徴

自分では気づいていなくても、実は同性から恨みを買っていることがあります。特に気づきにくいのが、女性の嫉妬が積み重なって恨みをかっているケースです。

最初は羨ましさや憧れだった気持ちが、そう思う回数が多くなるうちに相手から自慢されているように感じ、嫉妬になってしまうのです。

同性から嫉妬されやすい女性はどんな特徴を持っているのか、今後の友人関係のためにも知っておきましょう。

褒め言葉を必要以上に謙遜する

女性同士の間で、お互いの褒め合いは必須。髪型を変えれば「可愛いね」、新しい服を買えば「可愛いね」などと、とにかく「可愛い」の嵐。そんな風に褒められたとき「全然そんなことないよ~」や「私なんて全然だよ~」などと必要以上に謙遜する人は、褒めた女性から見ると、その態度が嫌味のように思えて嫉妬されてしまいます。

 

こちらが褒めたことを当然のような顔をされても面白くない気持ちになりますが、否定されてもイラッとするのが複雑な女心ですよね…。

女友達が何か褒めてくれたときは素直に「ありがとう!」や「とっても嬉しい!」と言って喜びの感情を表現しましょう。このとき「自分では思ってなかったことを言われた」というふうに、喜ぶのとあわせて驚いている感情も見せると、嫌味も感じさせず同性から恨まれにくくなりますよ。

会話で無意識なマウンティングをする

女性は同性同士で喋ることがストレス発散になることがありますよね。特に、気兼ねない友達とするガールズトークが大好き!といった女性は多いです。しかし、実はこの同性同士の会話の中でも、周りの女性から嫉妬されて恨みの対象になってしまう場合があるのです。

その一つが、気づかずにしてしまう会話中のマウンティング行為。彼氏との近況をお互いに語り合うだけでも、嫉妬の対象となってしまうことがあるので要注意です。

 

例えば、友達から彼氏との不仲を相談された場合。「今まで彼から連絡がこないなんてなかったけどな…」と、自分の彼氏や恋愛経験をつい引き合いに出してしまう女性は、相談している側から見ると自慢のように聞こえて、マウンティングされた感が強く残ってしまいます。その結果、「あんたは幸せでいいよね…」と妬みの対象にされてしまう場合が。

また、収入格差のある友達に最近買った服やメイク用品などの話や高級ディナーなどの話もNGです。自分の幸せな近況は、相手によっては嫉妬の対象となってしまうことがあるので、女友達の環境にあわせて話す内容を考えるよう心掛けましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。