大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月15日更新

このイラつきを何とかしたい…!マウンティングしてくる友達への対応3選

このイラつきを何とかしたい…!マウンティングしてくる友達への対応3選

女友達と会話をしている時に注意したいのが、マウンティング。彼氏の惚気話や生活のちょっとした自慢は、紙一重で相手にマウンティングと感じさせてしまうネタなので、話す相手を選んだり、話し過ぎていたりしないかなど気を付けなければいけません。

反対に、友達から「マウンティングをしてきたな…」と感じることもあるはず。ここでマウンティングし返すと、話は更にややこしいことになりかねませんが、イラッときた時に反応としてどう対処するべきなのか悩むところです…。

マウンティングばかりしてくる友達にはどう対応すべきか、おすすめのリアクション方法を紹介します。

「そうなんだ~」と聞き流す

女友達が会話の中でマウンティングをしてきた時に、定番のリアクションが「そうなんだ~」と聞き流すようなリアクションをとること。基本的に会話の中でマウンティングをしてくる女性は、「すごい」「羨ましい」「マジで?」など自分を憧れなど尊敬の目で相手から見て欲しいと思っている人が多数です。だからこそ、マウンティングされる側はイラッとくるのですが…。

でもイラついたからと、そのイラつきを態度に出すのは大人気ないですよね。さらに相手から「そんなつもりじゃなかったのに…ゴメンネ!」と更に上から目線でマウンティングされる恐れもあるので、絶対にやってはいけないリアクションです。

 

そのため、このマウンティングしてくる友達にダメージを与えるには、マウンティングされた話を「そうなんだ~」と聞き流すのが正解。これは、人間が一番凹みやすいと言われている「無視」されることをあえて使って、マウンティングしてきても意味ないよと遠回しに相手に伝える手法です。期待したリアクションが返ってこないことが多くなれば、自然と「この人にマウンティングしてもつまらない…」とわかって、マウンティングされることも少なくなります。

「すごいね」と驚くリアクションをとる

あえて相手が欲しがるリアクションをとってあげるのも、マウンティングされた時に有効な対応です。マウンティングしてくる側は、相手から「すごい」と驚かれることを期待しています。そして、よく考えてみると実は、マウンティングしてくる相手はあなたのことを自分より上の人と見ていることにもなるのです。相手が上から目線で話をしてくるので、つい自分が下に見られていると思いがちですが、例えば、子供などあきらかに自分のほうが経験値が上だとわかっている相手にマウンティングはしませんよね。マウンティングを仕掛けてくる友達はあなたのことを上に見ているんだという意識で相手に接すると、格下の相手にイラッとするのはおかしいと思えるはず。

 

マウンティングをされても、子供にリアクションをとってあげるのと一緒で、「すごいね」と褒めてあげてみて。自分の意識を変えるだけで、驚くほど胸がすくはずです。また、この時使う言葉は「すごいね」のみに留めておくようにしておくのもポイント。「(いつもそんなこと言えて)すごいね」と、褒めているようで遠回しに相手を諫めることもできるからです。マウンティングをしてくる女性の多くは勘が鋭いため、毎回同じ「すごいね」のリアクションをしていれば、その本当の意味を感じとって、マウンティングをしなくなってくるでしょう。

自分の話題は出さない

マウンティングされる前に、相手からマウンティングする隙を与えないように対策を練ることも大事です。そもそも、マウンティングしてくるような友達とは距離を置きたいと思うことも多いはず。しかし距離を置きたいといっても、すぐにそうできないこともあるのが女子の世界です。同じグループ内のメンバーだったり、仕事仲間だったり、多少相手が苦手でも大人として表面上うまくやっていかなければならないこともあるでしょう。

そこで、マウンティング女子と関わらなければならない時にやってみたいのが、自分の話題は出さないというリアクションです。基本的に会話の中で起こるマウンティングでは、自分の話題に対して相手が意見してくる形でマウンティングをとります。だったらその会話自体をなくしてしまうのが、イラつきを抑える一番手っ取り早い方法です。

 

マウンティング女子と会話をする時は、自分に最近何があったなどの近況報告的な話題は避けて、常に相手の状況を質問する会話にシフトチェンジしましょう。相手が自分のことをベラベラと喋っていれば、それはマウンティングにはなりません。関わりたくない相手とどうしても話をしないといけない時は、ひたすら相手に質問形式で話を進めていくと、マウンティングする暇を与えないので、イラッとすることも少なくなるはずです。逆に自分が「それってさ…」と、意見してマウンティングしないように注意してくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。