大人女子のためのWebメディア
検索
2021年04月26日更新

運命は自分で作れる…?!日常生活で運命を変える5つの方法

運命は自分で作れる…?!日常生活で運命を変える5つの方法

「運命」と言われると、もう変えることはできないのか…とつい思ってしまいますが、実は運命は自分の力で変えることができます。もちろん、しなくてはいけないプロセスはありますが、悪い運命や気は流れを別の方向に向けることが可能なのです。

特に、毎日の生活習慣で良い気や悪い気を引き寄せるので、日常の過ごし方によって運命は大きく左右されることにもなります。

最近ついていないな…と思うことがあれば、まずは自分の普段の生活を見直してみましょう。ちょっとした意識を持ったり変えたりすることで、驚くほど簡単に運命は変わっていくことがあるので、早速試してみてくださいね!

1. 綺麗な言葉を使う

どうしても嫌なことは起こりますよね。特についていないと思うことが多くなると、汚い言葉をはいてしまうこともあるはず。友達に話す事も愚痴が多くなってきたり、他人に対して心の中で怒りのメッセージを言ってしまっていたりと、次第に言葉遣いがかなり悪くなってきていることがあります。

汚い言葉はそのまま悪い気を呼び込んでしまうので、運気の改善が見込めないことはもちろん、さらに悪い状況を自分で作り出してしまいかねません。

 

因果応報という言葉の通り、汚い言葉や他人に向けた悪い言葉はそのまま自分に返ってきます。最近ついていないと思う時には、まずは今の流れを変えることが必要です。言葉で悪い気を集めている可能性があるので、まずは普段から自分にも他人にも綺麗な言葉を使うように意識してみましょう。

2. 窓を開ける

風水では、部屋に外の空気を新しく取り込むことで気の流れ自体を変えることができると信じられています。特に開け閉めの多くなる玄関は気の流れが変わりやすい場所とされ、運気を良くするためには玄関を綺麗にしておくことは鉄則です。

 

その法則と一緒で、運命を変えるには気の流れを変えることが大切になってきます。

そのため毎日の習慣としておすすめなのが、1日の始まりに窓を開けることです。特に前日に良くないことが起きた日は、その落ち込んだ気持ちを悪い運勢と一緒に断ち切るために、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。外の空気を部屋の中に取り入れることで、気の流れを入れ替えることができます。

3.  ルーティーンを変える

運命を変えるには、思いきった決断も必要になってきます。それだけ決められた運命を覆すことは大変なことだと覚えておきましょう。

運命を変えるには自分のルーティーンを変えてみることもおすすめです。いつも同じ習慣を繰り返しているだけでは、元々あった運命を変えることはできません。何かひとつでも自分のルーティーンを変えてみましょう。

いつも起きる時間を早くするだけでも効果は出てきます。仕事に行く道を変えてみる、靴を新しくしてみるなど、小さなことから変えてみるのでもOK。

 

ルーティーンを変えるときに重要になのは、気分が変わることだからです。普段の生活の中で自分の気持ちに変化を起こせば、そのまま気の流れも変わることになるので、運命も変えることができるようになるのです。

4. 付き合う人を変える

自分が持っている今の運命を変えるには、周りの環境を変えることも大事になってきます。引越しや仕事など生活環境を変えるのも運命を自ら変える行動のひとつですが、生活環境を変えるのはそう簡単にできることではありませんよね。そこでおすすめなのが、付き合う人たちを変えてみることです。

 

気が合わないな…と前々から感じていた人は付き合いをやめてしまうのが○。連絡をブロックしてしまうのが手っ取り早いですが、仕事などで関係が切れない人なら自分からは連絡を取らないようにするだけでも、意外と簡単に縁は切れていきます。また、新しく出会いを増やしてみるのも、運命を変えるいい方法です。今まで付き合っていなかった人と関わることで気の流れが変わり、新たな運命を作り出すことができます。

5. 新しい植物を部屋に飾る

運命を変える方法で一番簡単にできるのが、新しく購入した植物を部屋に飾ることです。切り花でも鉢植えでも観葉植物でも、植物なら何でもOK。命あるものを新たにいつもの場所に取り込めば、気の流れは大きく変わります。それだけ生命には大きなパワーがあります。反対に枯れている植物を部屋に置いたままにしておくのは良くありません。

また、観葉植物は悪い気を吸ってくれるともいわれているので、枯れてしまった植物は自分の運命が変わった証拠として、新しく植え替えをしてあげましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。