大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月12日更新

コロナ禍で派遣切りにあった人はどう生きるべき?【ひとみしょうの余談ですみません】

コロナ禍で派遣切りにあった人はどう生きるべき?【ひとみしょうの余談ですみません】

コロナ禍において、「派遣切り」にあった方は、今後どのように生きていくといいのか、について、今回は一緒に見ていきたいと思います。

「派遣」という「はたらきかた」をやめよう!

コロナ禍においても切られずにすんでいる派遣社員もいますが、あなたは運悪く切られた。ということは、あなたは会社から「調整弁」としか思われていない――つらくても(つらくて痛いお気持ちは察しますが、つらくても)まずはそういう現状認識を持つべきです。

人格をもつ「人」、つまりあなたを、調整「弁」、つまりモノとして扱う「ヤツ」のことなんか知らない、と思って放っておきたい。無視したい――矜持ある人はきっとそう思うでしょうし、じっさいにそうしたいと思うでしょう。

ではそうしましょう。「派遣」という「はたらきかた」をやめましょう。

やめてどうするのか?

え?と思いますか?

たしかに、え?ですよね。

貯金がまったくない人は、「次の派遣の仕事」をすみやかに派遣会社の担当者が紹介してくれるのを待っているかもしれないですね。そういう人は「明日食べるお金」のために、引き続き「手堅くどうにかするしかない」ので、引き続き派遣のお仕事で、というふうにしか言えないかもしれないですね。

しかし、多少貯金がある人は、さっさと派遣をやめましょう。もともとが「弁」みたいな「非人間的な」役割を背負わされているのだから、やめてしまいましょう。

やめてどうするのか?

自分がしたいことをしましょう。

以前からWebライターになりたかった、という人は、ネットで探すとお仕事はたくさんあるので、今日からWebライターです。

やりたいことが特にない人は……なにか興味のあることはあると思います。メンズエステでバイトしてみたいと思っていたとか、なにかあるでしょう。それをしましょう。

それで稼げるのか?ごはんを食べていけるのか?不安に思いますか?

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter