大人女子のためのWebメディア
検索
2021年07月12日更新

コロナ禍で大変!「もうだめかも」と思った時に必要なもの【ひとみしょうの余談ですみません】

コロナ禍で大変!「もうだめかも」と思った時に必要なもの【ひとみしょうの余談ですみません】

このコロナ禍で収入が大幅に減ってしまった人は大変かと思います。と、のんびりしたことを読んでいる場合ではない人は、即座に職安に行くなどなさった方がいいのではないかと思います。

が、その前に、「もうだめかも」と思った時に必要なものについてこれからお話しますので、よかったら最後までお付き合いください。

人生は何度でもやり直せるという気持ち

コロナ禍で大変!「もうだめかも」と思った時に必要なもの【ひとみしょうの余談ですみません】

「もうだめかも!」と思ったときに必要なのは、「人生は何度でもやり直せる」という気持ちです。

今の世の中って、まず「権力」に好かれないと\(^o^)/オワタ といった雰囲気がありますよね。たとえば、芸能人でも、素晴らしい芸をする弱小プロダクション所属の人はなかなかテレビに出られませんし、そのことをきっと多くの人は知っているでしょう。権力に好かれないとなにかと無理なのだ、と――。

芸能人ではないわたしたち一般人にとっては、「新卒至上主義」が大きな壁でしょう。

新卒時に「いい」会社に就職できなければ\(^o^)/オワタ

いざ転職を、と思って、成功する人もいるものの、転職を繰り返すたびに「ブランドバリュー」が下がり続け、いまや……。

今の世の中には「最初にいいポジションを獲れなかった人はその先もずっと\(^o^)/オワタ」という風潮があります。

が、人生の成り立ちから見れば、そういうのはすべて嘘です。

40歳で医学部に入学した女性

5月26日の東京新聞のウェブ版に、40歳で医学部に入学した女性が紹介されていました。結婚や子育てをしながら医学部で勉強し、国家試験に合格したその女性は、インタビューのなかで「人生は何度でもやり直せる」と言っていました。

なにも「すごく」勉強のできる女性ではありません。そのことをご本人はとても正直に告白しています。

と書いても、医学部を「別世界」と感じる方もいらっしゃると思いますので、別の例を。

世の中には、通信制の大学や大学院があります。通信制という名前であっても、ちゃんと校舎があって、通える人は通ってください、夜間や土日にも授業をしますから、というところもあります。

そういうところに行くと、人は何回でも生まれ変われるという言葉の意味がよくわかります。意味どころか、その温度感がありありとわかります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter