大人女子のためのWebメディア
検索
2021年09月06日更新

不思議!自分が「幸せ」だと気にならなくなる3つのこと

不思議!自分が「幸せ」だと気にならなくなる3つのこと

「幸せになりたい!」と誰もが思いますが、実はすでに「自分は充分幸せである」ことに気づいていないことも多いです。今幸せであることを実感するためにも、今回は『自分が幸せだと気にならなくなること』を紹介していきます。

そういえば、最近これ気にしてないな…と心当たりがある場合は、自分の状況に満足しているということです。また、今幸せだと感じない人はここで紹介する項目を気にしないようにすれば、あなたは幸せになれるということです!

1. 人からの共感

落ち込んでいるときはもちろん、自己肯定感が下がっているときは、人からの共感がほしくなります。「頑張ったね」「大変だね」と、今の状況を労ってほしい、自分を褒めてほしいといった気持ちが強くなるからです。誰かに話を聞いてほしいと思うことも多くなるでしょう。

 

一方で、自分が幸せな状況であったり、現状に満足していたりするときは、人からどう思われようと気にならなくなります。誰かに自分の状況に共感してほしいとは思わないため、あまり自分の話をしないことも多いです。反対に周囲の話を聞いてあげる立場に回ることが多いです。

2. 他人の結婚・出産報告

婚活中や妊活中であれば、他人の結婚や出産報告にめざとくなってしまうことがあります。自分の状況がうまくいっていないと、余計に他人が羨ましく見えてしまうからです。また、「心から喜べない」とそんな自分自身に落ち込んでしまうこともあるはず。

しかし、たとえ婚活や妊活が難航中であっても、それ以外のことで幸せを感じていると、他人の結婚や出産のことはそれほど気にならなくなります。

 

たとえば、仕事関係が充実していたり、夫との関係がうまくいっていたりすると、他人のことはそれほど気にしないでいられるのです。

「自分は自分」と割り切れるので、「おめでとう」とお祝いの言葉も自然と出てきますし、話を聞く余裕も持てるでしょう。

3. SNSへのログイン

誰でも他人のことは良く見えてしまうもの。特に、自分に自信がなくなっているときやパワーが出ないときは、羨ましさや悔しさでより他人の状況が気になってしまいます。そのため、SNSのログイン回数が多くなる傾向が。落ち込むだけだから見たくないのに、見てしまう…といった負のループに入ってしまうのです。

 

反対に、自分の時間が充実しているときは、SNSの存在自体を忘れてしまうことが。自分が幸福感で満ち足りると、自分の心に他人が入ってくる隙間はなくなるのです。SNS離れができれば、人生の幸福度は増すでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。