大人女子のためのWebメディア
検索
2022年05月14日更新

【指輪の効果】何指につけるのがいい?

5. 小指(ピンキーリング)

右手の小指は「表現力を高める」とされています。プレゼンや発表会、出会いの場など、自分の表現力を高めたいときは、小指に指輪をしておきましょう。

左手の小指は「好機」や「幸運」を意味すると言われています。叶えたい願いごとがあるときなどにも良いでしょう。「恋愛運」も上昇するとされているので、左手の人差し指と一緒につけると、「魅力運」も上がってさらに良い効果がありそうです。

 

つける指や、右手・左手によっても指輪は違う意味を持ちます。つける指によって様々なパワーを持ちますが、ただつけているだけで何も行動しなければ、変化はないでしょう。あなたの行動や努力+αの働きをしてくれるのが、指輪の力です。
指輪の持つパワーにあやかって、自分の人生を動かしていきましょう!

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter