大人女子のためのWebメディア
検索
2022年05月24日更新

友達を大切に!友情を維持するための心得5つ

友達を大切に!友情を維持するための心得5つ

友達を大切にしていないと、いざというときに孤独感にさいなまれる可能性があります。ですが、大人になって、それぞれの生活が忙しくなってくると、どうしても友達と疎遠になりがちですよね。

今回は、友情を維持するための、「友達を大切にする方法」をご紹介していきます。

1. 感情のはけ口にしない。聞き上手になる!

友達に愚痴を言うのは良いですが、一方的に友達を感情のはけ口にするのはNGです。自分が話を聞いてもらったなら、相手の話もしっかり聞きましょう。

 

相手の話を聞くときは、「アドバイスしよう」とは考えないほうがいいでしょう。それよりも、相手の気持ちを引き出す方にフォーカスしてみてください。「それで、〇〇はどうしたいの?」「〇〇だって感じたんだね」など、相手の感情を引き出し、整理することで、良い利き手になることができます。

 

もちろん、話を聞いた上であなたなりの考えや、アドバイスを言うのは問題ありません。ですが、「自分の考えが正しい」と思い込み、友達に考えを強要するようになってしまっては、友情は続きません。

あくまでお互いの考えを尊重しあえる仲を目指しましょう。

2. 友達との関係は、長期スパンで考えよう

結婚したり、出産したり、転勤になったり、離婚したり、とライフステージが変わることで、友達との関係に変化が訪れる可能性は多いにあります。

とくに子育てなどで忙しくなったら、なかなか友達と会えなくなってしまうでしょう。ですが、「会えなくなって寂しいな」と深く考えすぎる必要はありません。いずれ子供が大きくなったら、また会える時間はできます。

 

しばらくは会えなくても、老後、お互いに時間ができたとき、また以前のように仲良くできるかもしれません。友達との関係は、長期スパンで考えて、「会わない時間があってもいい。いつかまた一緒に遊べるから」と思い、ゆったりと構えておきましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪