大人女子のためのWebメディア
検索
2022年07月26日更新

昔からの友達と話が合わない…距離を置いたほうがいい?

3. 価値観の違い

大人になると、価値観の違いが顕著になります。

たとえば、ある人は、結婚して子育てすることこそが幸せだと思い込んでいます。またある人は、たくさんの人と自由に恋愛する生活を望んでいます。このふたりが友達だった場合、話はなかなか噛み合いません。

理想の生き方が異なっても、相手の価値観を尊重できれば良いのですが、多くの場合、そうはなりません。

人は、「早く結婚した方がいいよ。そろそろ落ち着きなよ」「なんでそんな窮屈な生き方してるの?つまらなそう」と相手の生き方を否定し、自分こそが正しいという言動をしがちです。

そうなると、「話しが合わなくなった」と感じるでしょう。

話が合わなくなってしまった友達との関係、どうするべき?

話が合わなくなってしまった友達とは、距離を置いた方がいいでしょう。

 

あなたはAという話をしたいのに、相手はBという話をしたい場合、ふたりでいても楽しくありません。あなたは興味のない話に相槌を打ち、疲れ果ててしまうでしょう。

また、相手があなたの話に興味を持っておらず、適当に相槌を打っているのをみて、「自分はしたい話をしておいて、私の話は聞かないなんて、わがまますぎる!」と苛立ちを感じるかもしれません。

 

これ以上相手のことを嫌いにならないために、潔く距離をおきましょう。

 

今、距離をおけば、いつかまた、ふたりで仲良くできる日はやってくるでしょう。それは、老後かもしれません。今は、生き方や価値観に大きな差が出ているかもしれませんが、年老いれば共通の話題も増えてきます。老後の不安や体調などです。子供が大きくなれば、子供の有無や結婚しているかなどはあまり関係なくなります。

 

いつかまた楽しくおしゃべりできる日のためにも、今は無理をせず距離感を大切にしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪