大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「今日は生理」言われた彼氏、本音はぶっちゃけどう思ってる?
2020年07月10日更新

「今日は生理」言われた彼氏、本音はぶっちゃけどう思ってる?

デートの日と生理が重なってしまった時に、そのことを彼氏に伝えた方が良いのか、迷ってしまうこともありますよね。ここでは、彼女から生理だと告げられた彼氏の本音について、お伝えしていきます。

いつもより優しくしてあげようと思う

生理で体調が悪くなってしまっている彼女に対して、いつも以上に優しく接してあげようと感じる彼氏であれば、こちらも安心して話をすることができますよね。姉や妹がいる彼氏の場合は、生理の大変さや生理痛の辛さを理解していることが多いです。

母親から生理についての教育を受けている場合や、恋愛経験をある程度積んできている彼氏の場合なども、期待ができるでしょう。彼女の体調に合わせて、デート先の変更をしたり、予定を変更したり、柔軟に対応しようとしてくれます。

どう対応したらよいのか分からないと感じる

恋愛経験が少ない彼氏の場合や、女兄弟がいない彼氏の場合、生理についての知識が乏しいことがあります。そのような場合、彼女から生理と告げられても、正直どのように対応したらよいのか分からなくなってしまいがちです。なんとなく、大変なんだろうなと思ってはいても、いつもと違う彼女の様子に戸惑ってしまいます。

このような彼氏の場合は、生理中に起こる変化について、正直に話をしてみると良いでしょう。頭が痛くなる、お腹が痛くなる、といった身体的な変化や、イライラしやすくなる、些細なことが気になってしまう、といった精神的な変化など、具体的な症状を伝えることで、彼氏はよりイメージしやすくなります。

そして、生理中の時にどうしてほしいか伝えておくと良いでしょう。家でゆっくり過ごしたい、デート時間は短めが良いなど、彼女の希望を知っておくことで、彼氏はその後スムーズに対応できるようになります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「今日は生理」言われた彼氏、本音はぶっちゃけどう思ってる?