大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月09日更新

すっきりサヨナラしたい!別れ話を上手く伝える方法!

どんなに楽しい恋愛でも自分の中で終わってしまったら別れを告げなくてはなりません。
それには2人とも別れに納得する必要があるので、どう別れ話をすればいいのか悩みますよね。
そこで、別れ話を上手に進める方法をご紹介するので頭に入れておきましょう。

1. 別れ話をする時に選ぶべき場所!

突然の別れを知った男性が慌てないように別れ話をする場所もよく考えて選びましょう。

(1) レストラン

なるべく人が多い時間帯を選んで、隣の席と少し距離があり話声が聞こえない程度の空間があるレストランを選びましょう。
まずレストランはたくさんの人が会話をしているので、自分たちの話声が丸聞こえになる心配がありません。
別れ話となると感情的になることが多いので、ある程度人目があることによって感情を抑える効果があり、もしもの時に助けを求められるメリットがあります。

(2) いつもの待ち合わせ場所

男性の方はいつもの待ち合わせ場所ということで何も考えないでやってくる可能性がありますが、別れ話の後にあなたがスッと帰りやすい場所でもあります。
待ち合わせてすぐに別れたい意思を伝え、余計な話は一切せずにそのまま立ち去ることをおすすめします。
話を切り上げやすい点が挙げられます。

(3) 公園のベンチ

基本的に公園は人はいるもののとても静かな空間となります。
別れ話をじっくりして男性にしっかり納得してもらいたい場合に選ぶといいでしょう。
話し合いの中でベンチに並んで座れば顔を見ることがないので、言いづらい本音もきちっと伝えやすいです。
公園もある程度人がいるので、お互い感情的になることはないでしょう。

2. これを言ってはダメ!別れ話でNGな言葉!

上手く別れ話ができないからとこういった言葉をかけてしまうと相手に気持ちが伝わりません。

(1) 私よりもっとふさわしい人がいるよ

男性を傷つけたくないという考えから思わず出てしまう別れ話でNGの定番のセリフとなります。
「私より…」と自分が控え目になる発言をするとまだ愛情がある男性は「あなたが1番だよ」と返してくるでしょう。
そんな答えが返ってきては別れ話がまったく進展しないので、注意してください。

(2) ずっと前から○○なところが嫌いだった

ただでさえ大好きなあなたから「別れたい」と言われて驚きショックを受けている状態で追い打ちをかけるようなことは言ってはいけません。
「ずっと前から」というと2人とも好き合っていた楽しかった時間をすべて否定することになります。
「今までずっと嫌われていた」とわかれば男性は相当キズつくので、必要性のないことは言わない方がいいでしょう。

(3) 周りの人に反対されているから

だいたいお付き合いは2人のものであって、他の人の意見はある意味関係ありません。
人のせいにして別れたいと告げても男性はそう簡単に納得してくれないでしょう。
「そんなの関係ないことだ」と言われたらそれまでになってしまいます。
男性を傷つけるとわかっていても自分の気持ちを正直に話すことが相手のためになると考えてください。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter