大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月28日更新

同棲中の彼氏にプロポーズしてもらう方法3つ教えます

同棲中 カップル
同棲している期間が長引いてしまうと、結婚から遠ざかると言われていますよね。
もちろん全てのカップルがそうではありませんが、結局結婚にいたらず破局してしまうカップルが多いのも事実です。
では同棲を経て結婚に至るよう彼氏にプロポーズしてもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は、同棲中の彼氏にプロポーズしてもらう方法を3つご紹介します。

1.同棲を短期間解消してみる

同棲カップルが陥りやすいのが、マンネリです。
このマンネリは相手に対しての気持ちすらぼかしてしまう厄介なものです。
すぐ側にいて当たり前という状況は、恋心よりも安心感の方が強くなってしまいます。
これでは結婚どころか、同居人と何ら変わりませんよね。
生活の中でのマンネリを強く感じるようになった時には、一度同棲を解消してみることをおすすめします。


例えば、どちらかが実家に帰省するなどの短期間でもOK。
少し離れる時間を作ることで、お互いの大切さを再確認することができます。
本格的に別居をしてしまうと、そのまま別れてしまう可能性も出てしまうので、長くても一ヵ月程度離れるようにしてみましょう。

2.結婚に対してどう考えているのかを知る

同棲している彼氏が先のことを考えている様子がないと、女性としては焦ってしまいます。
つい「結婚する気があるのか」と詰め寄りたくなってしまいますが、そこはグッと我慢してください。


遠回しの方法にはなりますが、彼氏に結婚願望があるのかないのかを知る為に、友人や知人の結婚話や出産話などを世間話に含ませ、反応を見てみましょう。
もし、少しでも願望があるタイプであれば、気長に待つことをおすすめします。


逆に、全く考えていない場合には、一度関係を見つめ直してみることも大切です。
結婚適齢期になり、女性のことを考えることができない相手とはこの先もうまくやっていけるとは言えません。
本当に大切に思っているのかを再確認することも必要です。

3.自分の時間を持つ

彼氏にとって同棲しているという事実は、安心感の塊のようなものです。
家に帰れば彼女が当たり前にいて、そして自分のことを好きでいてくれると安心しきっています。
この状態では、今の現状を変えようとはなかなか思いません。
彼氏にとって同棲が居心地の良いものになっている以上、変化は望めないのです。
そこで、彼氏の為に行動するのを一度やめてみてください。
家事をしていた人は一度それを放棄します。
食事なども何かしらの理由をつけて、自分で用意するように促しましょう。


彼女が自分の時間を大切にし、友人と出かけたり、趣味を謳歌している姿を見せつけることで、一緒にいることが当たり前ではないと植え付けてください。
自分の時間を持つことで、結婚に対して焦っていた感情も抑えることができるので一石二鳥です。

まとめ

このように、今までの安定した同棲生活に変化をつけることによって彼氏の心境にも変化が生まれるでしょう。あなたのことを手放したくない、それには結婚をしなければと思えば自然と彼からプロポーズされるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

数々の職を渡り歩いてきた30代の主婦ライター。大人の恋愛、結婚などアラサー向けの記事を書いています。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。