大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月10日更新

デート後に好印象を残せるLINEメッセージとは?

デートの後に好印象を残すことができるLINEメッセージとはどんなものでしょうか?具体的な例も含めて紹介していきます。

楽しかったことを具体的に!

デートの後のLINEは具体的にどこが楽しかった、ということを伝えましょう。

 

「今日は楽しかった」「ありがとう」という単語では、「本当に楽しんでくれたのだろうか?」と相手が不安を感じてしまうこともあります。本当に楽しかったのに、そんな印象を与えてしまうのはもったいないですよね。

 

デートの後なら、どこそこに行ったときのどんなことが楽しかったと、具体的に伝えることで相手も一緒にそのときのことを思い出すことができるように気持ちを伝えるようにします。

話していた内容や行った場所などをしっかりと伝えることで、相手に「本当に楽しんでくれたんだ」と感じてもらうことができます。

 

例えば、「今日は、ありがとう!予約してくれたお店、すごくよかったね!またおすすめのお店教えてね」「今日は楽しかったね!ボーリングにハマっちゃいそうだよ!次は負けないよ〜(笑」などです。

相手の好きな話題は?会話でヒントを掴んでおく

デート中の会話こそ、次へつなげるきっかけを得られるチャンスです!

会話のなかに相手の興味があることを話すことがあれば、その情報をしっかりと覚えておくことで、次のデートの誘いにつながる可能性も!「今度話していた○○に行こう」とLINEでメッセージを送ってみましょう。相手が「自分と一緒に行きたいと思ってくれている」と好意を感じてくれますよ。


デート中に好きな食べ物の話になったとき、そこもチャンスです。「よかったら今度一緒に行きませんか?」と誘うきっかけになりますし、気軽にデートに誘いやすくなります。

自分の会話を覚えてくれていた人というのは、良い印象を持つことができますよね。

相手の名前を呼んでみよう

LINEのメッセージのなかで相手の名前を呼んでみましょう。

これは相手の名前を呼ぶことで、距離感をぐっと縮まった印象を与えられます。

 

また、デート後にこのテクニックを使うことで、デートがきっかけで仲が深まった雰囲気を作ることができます。「自分はあなたと一緒に行ったから楽しかったんだ」と印象付けることも可能です。もし急に名前で呼ぶことに戸惑うときは、あだ名で呼んでみるのもいいでしょう。

会話の中で相手にさりげなく聞いておくのも会話のきっかけになりますよ。「名前を呼ぶ」というのは、相手に好印象を持ってもらえるちょっとしたテクニックです。

素直になろう!また一緒に行きたい気持ちを伝える

「また誘ってください」、この一言は勇気がいるでしょう。ですが、この一言を伝えるだけで、またデートの約束を取り付けることができるのです。自分から誘うのもいいけれど、できれば相手から誘ってほしい。そんなときには素直に気持ちを伝えることで、相手も「デートに誘ってもいいんだ」と感じてくれます。


たとえば、具体的に「次は○○に一緒に行きませんか」と伝え、その後に「また誘ってね」とメッセージを送ることで相手も次のデートをどこにしようかと計画しやすくなります。

いつ開いているのかという時期も伝えておくと、次の予定を相手もわかるので誘いやすくなり、はやめのデートのきっかけになるかもしれません。

 

デートに誘いたいと思ってもらえたら、好印象を持ってもらえた可能性が多いです。
ちょっとしたことを意識するだけで、LINEのメッセージで好印象を残すことができるようになります。デート中は自分の話だけではなく、きちんと相手の話を意識しておくようにしましょうね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。