大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月23日更新

結婚前にどんな状態の恋人が離婚しやすい?

今や日本では3組に1組が離婚するとわれています。

愛し合って結婚したはずなのに、どうして離婚してしまうのでしょうか。

それには、結婚前のお付き合いの仕方が大きく関わってくるみたい。

今回は、どんなお付き合いの仕方をしていると離婚しやすくなるの? それでは見ていきましょう。

・相手の浮気を許して結婚に至ったケース

男性が浮気をしていて、それを彼女が許して結婚に辿り着いたカップルは離婚率が高めだと言われています。
女性側は「結婚すれば男性の浮気がおさまる」という期待感もあり結婚したものの、男性側が結婚後も浮気を繰り返し、離婚という流れになるからです。
浮気をする男性はもう病気みたいなもので、結婚したから、子供が出来たからといって浮気グセが直るわけじゃありません。
浮気されてもいいと割り切っているカップルは長続きしますが、浮気させないために結婚したというカップルは離婚しやすいです。

・ラブラブ状態で結婚に至ったケース

お付き合いの初期段階、まだラブラブ真っ最中の時に結婚を決めたカップルも離婚する確率が高いと言われています。
相手の嫌な面をまだ知らない、気持ちがピークの時に結婚すると、結婚してから相手の嫌な部分が見えてきてゲンナリしてしまうからです。
同棲していたカップルでも結婚をすると「どんどん相手の嫌な部分が見えて嫌いになりそう」というくらいですから、ラブラブカップルなら尚更ですよね。

・ 授かり婚のケース

子供が出来たから結婚しようというカップルも離婚率が若干高め。
長く付き合っていたカップルであれば、子供が出来てもある程度そのままの距離感を保てるのですが、付き合いが浅いカップルの授かり婚は危険。
男性側は「まだラブラブしていたかった」とセックスしたい気持ちが満載なのに、妊娠すればその気持ちに応えることができません。

その結果、男性側が浮気に走ったり、風俗に通ったり、浮気はしなくても憂さ晴らしにお酒やギャンブルにハマったりして、出産直後に破局というカップルも多いようです。

・遠距離恋愛の末、結婚したケース

遠距離恋愛の末、結婚したケースでも離婚率は高くなっているようです。
お互いに生活のペースを離れている事である程度保てていたものの、結婚するといきなり一緒になるということでストレスを溜

離れて暮らすことで保たれていたお互いの生活のペースが、結婚するといきなり一緒になるということでストレスを溜め込みやすくなってしまうのが原因です。

遠距離恋愛をしていた理由が、彼の出張や単身赴任という場合、結婚してからも日本全国を彼と引越し三昧。
振り回され、女性が疲れてしまい離婚してしまうという事もあるようです。


結婚したのなら離婚はできるだけしたくありませんよね。
彼とのお付き合いは、このまま結婚しても安定して生活が送れるものでしょうか?
彼と結婚を考えている女性なら、一度結婚後のシュミレーションをして、離婚をしない方法について自分なりに考えておく事も必要だと思います。

 

written by 亀ぱんだ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。