大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男がまた抱きたくなる女を目指せ!“一回のエッチで男を幻滅させ...
2018年07月05日更新

男がまた抱きたくなる女を目指せ!“一回のエッチで男を幻滅させてしまうNG行動”とは?【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.13】

恋愛サバイバル教官「神崎桃子」の恋愛スパルタ塾の連載コーナーです。神崎桃子さんがスパルタ的にあなたの悪い恋愛傾向をズバズバ切っていきます!今回は、一回のエッチで男を幻滅させてしまうNG行動を紹介してくれました。

ラブラブな恋人

男は女を落とすまではとにかく必死。

女に嫌われないよう媚を売ってくる。

 

どこにだって連れててくれるし、奢ってくれるし、女の我儘も聞いてくれるし、連絡もマメ、好き好きアピールもハンパないだろう。

 

しか~~~し、

男がチヤホヤベタベタしてくるのはエッチするまでのお話!!

 

男が身体の関係を持ったあとでも、スル前と同じように愛してくれるのは「この女をまた抱きたい」と思ったときだけだ。

 

つまり、彼との初回こそ一世一代の大勝負!

 

初めてのエッチで“男が気に入らなければ”もう二度目はないということになる。

「一度関係を持ったら終わり」……なんて女からしたら屈辱的なことはない。

 

今回の「神崎桃子の恋愛スパルタ塾」では一回のエッチで男を幻滅させてしまうNG行動について講義しよう。

 

あなたが「一度寝ただけで終わってしまう女」にならないために……。

シャワーを浴びたら別人!?

男が知りたいのは “女のすっぴん”である。

男はとかく好きな女のすっぴんが見てみたいもの。いや、正しくは“すっぴん美人”を見たいのだが……。

 

しかし男というのは彼女が普段しっかりメイクを施していてもまさかそれが“造られた女の顔”なんていう疑いはもっていない。

言い方を変えれば彼女のメイクをした顔と素顔は「ほ~んの少しの誤差くらいだろう」と踏んでいる。

だからこそ、あまりに相違がありすぎると男は驚く。

 

ホテルでシャワーを浴びたら「へ?どちらさん?」なんてことがあってはならない。

 

もし、日頃あなたがバッチリメイクで彼とのデートに望んでいたら、初めて一夜を共にするときは一気にすっぴんを見せてはダメだ。

 

化粧を落としたら別人、なんて男からしたらマジでホラー。

 

初回はなんとかシャワーを浴びたあとも「素顔に見えるようなメイク」「すっぴんもどきなメイク」を施してうまく乗り切ってほしい。

 

「化けの皮を剥がす」のはずっとあとのこと。彼との回数を重ねるごとに、徐々に……である。

 

カレとの初エッチでは“負のギャップ”は決して与えてはならないのだ!!

下着のセンスがない

下着に気を使わない女に男のテンションは下がる。

「え~下着より大事なのは身体でしょ」なんていう女性は男のロマンを分かっていない。

 

そこに気を使う女こそ“できた大人の女”というもの。

下着は“女性”であることを象徴するアイテムでもあるのだ。

 

下着の色や形、面積や素材によって、男性に「初々しさ」や「清楚さ」や「可憐さ」もしくは「セクシーさ」等をアピールできるからだ。

 

「好きな男性と一晩過ごす」という大イベントにおいて、勝負下着を身に着けて女としての自分のテンションを上げるとともに、彼のテンションをさらに盛りあげることも大事なミッションなのである。

 

「派手な豹柄のブラパンとか引くわ~。元ヤンか?」

「スポーツタイプだとか、キャラクターものとか、ガキじゃないんだから」

「ヒモがよれてたり、伸びてたりだとか、どんだけズボラなんだ?この女、不潔そう」

 

男性は身につけている下着からその女性の中身や習性までも推し量ることがあるのだ。

だからこそ“下着で与える誤解”は避けるべき。

 

「初めて彼と結ばれる日」のランジェリーは、自分自身も美しく見えるものを身にまとい彼をも喜ばせることが重要なのだ。

 

下着に気を使えない女は男に対しても気遣いのできない女なのである。

反応がない

男はスタイルがいい女としたいのではない。感度のいい女、反応のいい女としたいのである。

 

言葉でも表情でも仕草でも構わない、相手に感じていることを伝えよう。

 

男がなによりガッカリするのは自分がしたことに対してのリアクションが薄いこと。

自分の期待値と彼女の反応が一致しないことで男は失望する。

 

エッチにおいて男が本当の快感を得られるのはわずかな時間。

本番以外の行為は女性の感じてる姿が見たいから励んでいるだけ。女を気持ち良くさせようと奉仕活動しているのだ。

 

だからこそ、それに応えてくれる女性、感じてくれる女性が大好き。

 

たとえ、自分が恍惚状態になってなくとも(※男は女の感じるポイントを勝手に決めつけている事もあり、初回はズレが生じるもの)絶対にバレないよううまく感じているフリをしてあげることは“女のたしなみ”である。

 

女が感じてくれている、反応を示してくれることで男は征服欲が充足する。

 

男は自分がやっていることに対しての手応えを感じられなければ、肉体関係を持ったからって「自分の彼女」には認定しないのである。

 

感じていることをちゃんと表現してくれる女性だからこそ「もう一度抱きたい」となるのである。

 

しかし、だからといって女から積極的になる必要はない。

仮にもしあなたが男を愉しませるなんらかの技を持っていてもここは披露しないでとっておこう。

 

自分のすることで相手を満足させたいのに彼女の方がテクニシャンだなんて、男のメンツ丸つぶれ。

 

初回はなんとしたって男が主導権を握りたいもの。自分が攻め落としたいから攻めてこなくていいのである。

 

男は反応の悪い女も嫌がるが、やり過ぎる女のことも敬遠するのだ。

恥じらいがない

男の目に晒されているのはなにもエッチの最中だけではない。気をつけたいのはそのあとのこと。

 

コトの後は気が抜けてるがゆえにありのままの自分を出してしまいがち。

 

まさかひと仕事終えたプロのようにいきなり「プハーッ」とタバコを吸い始める……なんてそんなことはしやしないだろうけども。

すぐにスマホをチェックするだとか、真っ裸のまま冷蔵庫に飲み物をとりにくとか、仁王立ちでペットボトルの水を飲むとか、すぐに浴室に駆け込むとか、そんなことだ。

 

いくら裸で愛し合った仲とはいえ、裸でウロウロするのはまた別の話!!

 

ベッドの上以外の場所で女の裸を堂々と見せつけられるのは男からしたら決して喜ばしいことではない。

 

裸を見せることに抵抗がない女に男は興奮しないからだ。

 

男は恥じらいのない女を女性としてみなさない

コトの後に動き回る女性はガサツにしかうつらない。

 

裸の付き合いを勘違いしちゃダメ。女はなんでもかんでも見せていいわけではないのだ。

 

後戯は彼に寄り添って余韻に浸る……コレ基本!

 

男が女に対しての愛おしさが増すのはエッチの最中よりも“幸せムードに浸ってくれている女の顔”をみれたとき。

 

男がなにより嬉しいのは「この女は俺に満足している」と感じたときなのだから……。

男はエッチしたあとで「この女と本当に付き合ってもいいのか」を判断する

女は身体を許すまでは女王さま。

しつこく口説いてくる男を「本当にこの男に許していいのか」と吟味する。

 

しかし男はエッチをしたあと「本当にこの女と付き合っていいのか」を吟味する。

 

「好きだからこそ抱かれたい」と決心する女とは違い、男は「やりたい」欲求と「好きだから」という感情が必ずしも一致するとは限らない。

 

男は性欲が邪魔してエッチの前に自分の気持ちを冷静に判斷するのが難しい。欲求を果たしたあとに自分の気持ちが明るみに出るのだ。

 

肉体関係を持ったあとに「また会いたい」とならなければ「やりたかっただけなのか」「本当はたいして好きじゃなかったんだな」となる。

 

だからこそ、2人が結ばれる初めては“一大事”なのだ。

 

今後の行末は初回の女の腕にかかっているといっても過言でない。

そこで男は冷めるか、調子に乗るかのどちらか。

 

男がまた抱きたくなる女というのは、巧みな性技や寝技を持っている女性ではない。

ベッドの上でのマナーをわきまえている女性なのである。

 

相手を気づかう気持ちを持っていることこそ“床上手な女”といえるだろう。

 

「裸の付き合いにも礼儀あり!」なのである。

 

(体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

体験型恋愛コラムニスト。執筆の傍ら文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。幼年の頃より家庭環境や経済事情により世間の荒波にもまれながら、数々の職歴を経験してきた雑草魂とバラエティに飛んだ男性遍歴を通じて得た「自虐ネタ」が武器。 男女のズレや生態にツッコミを入れ、恋愛市場の時事問題は得意。 草食男子仕置人としてお仕置きコンサルや恋愛相談も行っている。 電子書籍「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」(すばる舎)はダメンズレスキュー本として「男運が悪い」「恋愛がうまくいかない」「結婚できない」…と嘆いてる女性達へ恋愛の教訓を伝授。 ★痛い女はもう卒業!アナタの失敗を武器にする恋愛サバイバル教官・神崎桃子:オフィシャルサイト ★体験型恋愛コラムニスト 神崎桃子:アメーバーブログ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男がまた抱きたくなる女を目指せ!“一回のエッチで男を幻滅させ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。