大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月16日更新

夫婦だけど恋人みたい!いつまでも夫に愛される妻の特徴

夫に愛される妻の特徴

大好きな彼と結婚して、笑顔いっぱいの幸せな毎日。彼女から妻になり、この幸せがずっと続くといいですよね。しかし、最近では不倫や離婚という言葉をよく耳にします。

結婚してからも付き合っていた頃と同じ気持ちを維持し続けるのは、簡単なようでとても難しいことなのです。では、ずっと彼に愛されるにはどうしたら良いのでしょうか。愛される妻になるために大切なことをまとめたので、参考にしてください。

1. 「かわいい」と思える妻

夫に愛される妻の特徴

かわいい妻といえば、オシャレだったり、スタイルがよかったり、メイクが可愛かったりと外見を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?ここでは外見ではなく「中身がかわいい妻」を指します。いくら見た目が良くても、中身に可愛さがない女性と一生を共にするのはどういうことだと思いますか?

人は皆平等に歳を取り、それはかわいい妻も同じこと。歳をとっていくと必ず外見は変わっていきますよね。そうなったときどうなるのか、ということです。外見を磨くのはもちろん良いことですが、結婚となれば外見よりも中身が一番重要となります。

 (1) 甘え上手になる

普段は仕事も家事もバリバリこなし、一人でも生きていけるほどしっかりした女性が、夫の前だけでは甘える。そんなギャップが男性には魅力的です。しっかり者なのに ほんとはか弱くて、助けてあげたくなるような女性というのが、「俺がいないとダメなんだな」と思わせるのです。

甘えすぎたり頼りすぎると、面倒くさい女性になってしまうので、適度に甘えるということが男性の心を掴むポイントです。甘えたり頼ることで、夫に存在価値を与えることが出来ます。

 (2) 夫を立てる

甘えたり頼ったりすることで、『夫を立てる』ことが出来ます。結婚生活が長くなれば長くなるほど、素直な気持ちを表すことが難しくなってしまう人も多いのではないでしょうか。「頼りにしています」という謙虚な態度や、「ありがとう」や「お疲れさま」と感謝の気持ちを言葉に表して伝えることが出来る女性は愛されます。そんな風に言われて嫌になる人はいないですよね。特に男性は頼られていると感じると嬉しくなります。

人前での謙虚な態度は夫を立てるということに繋がります。周りからも「良い奥さんだね」と思われることで、誇らしく思えるはずです。

 (3) 幸せを表現する

いつも機嫌悪そうにぶすっとしていると、それだけで空気が悪くなります。笑顔でいるだけでもその場の雰囲気が変わるのです。「あなたといられるだけで幸せ」という気持ちを、言葉だけでなく態度でも表現することで、夫は愛されていると感じることが出来ます。

人は愛されることで、相手にも優しさや愛を返そうという気持ちになります。笑顔でいれば相手も笑顔になる、そうゆうものです。「してあげた」のではなく、「してあげたい」という気持ちで接することで、自然と夫からも見返りが得られます。

2. 「やさしい」と思える妻

夫に愛される妻の特徴

やさしい妻=何でもしてくれる妻、ではありません。「やさしい」とは相手を思いやれる気持ちです。相手を尊重して、話を聞き入れ、それに答えてこそいい夫婦関係を築くことが出来ます。思いやりを忘れ、夫をけなしたり、上から目線で物事を言うようになってしまっては、気持ちも冷めてしまいます。

「うんうん、そうだね」と優しくうなずいて聞いているだけでも、優しい印象を与えることが出来ます。夫を思いやる気持ちと包み込む包容力があってこそ、やさしい妻と言えるのです。

 (1) 帰りたいと思える場所

新婚生活のときは、同じ家に帰ってきて、同じ食卓でご飯を食べて、それだけでもお互い幸せと思える毎日ですよね。いくら仲の良い夫婦でも長く連れ添っていくと、そんな毎日が当たり前となり、新婚の時のようにそこに幸せを感じなくなります。しかし、その「当たり前」が「癒やし」に変わるのです。

男の人にとって「家」は癒やしの場所です。ありのままの自分でいられる場所なのです。ピリピリ張り詰めた仕事から解放されて休める場所であり、友達と騒いできた後のクールダウンが出来る場所。夫が「帰りたい」と思えるような癒やしの空間を作るのはとても大切なことです。

 (2) 思いやる気持ち

夫が帰宅した途端、自分の言いたいことをあれこれ話し始め、挙げ句には文句や愚痴まで言い出すような妻では、聞いているだけで疲れてしまいます。夫を癒やすためには、自分の気持ちにも余裕を持つことです。妻として家事をしなければならないと忙しくピリピリしていると、それだけで話しかけられない雰囲気が漂ってしまういます。

家事も大切なことですが、それよりも相手を思いやる気持ちの方が大切です。いくら部屋をきれいにして、美味しいご飯を作っても、機嫌が悪ければそこには「癒やし」がありません。笑顔のある空間こそ癒やされる場所なのです。

 

「愛される妻」になるには、可愛さや思いやりの気持ちを持ち続ける心が必要です。完璧な妻になろうと気負いせず、失敗しても笑顔でごまかすくらいの愛嬌がある妻でこそ、夫にとってかわいいと思える妻なのです。

甘えることや頼ることを上手に使い、夫の存在価値を見いだし、いつまでも愛され続ける妻でいましょう。何かひとつでも出来ることあれば、始めていきたいですよね。夫婦だけど恋人のような、そんな関係で居続けられることが良い夫婦関係になれる秘訣です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。