大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 年下の彼を恋人にする方法【夏目かをるの最強女になる!vol....

年下の彼を恋人にする方法【夏目かをるの最強女になる!vol.16】

今回は、年下の彼を恋人にする方法について詳しく紹介します。ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中の夏目かをるさんによる連載恋愛コラム「夏目かをるの最強女になる!」です。

今や年下の男性と楽しく恋愛をしている女性は実に多いですね。男性よりも女性の方が年齢を気にすることなく、ある日突然落ちてきた恋にも、自分の気持ちに素直になって、柔軟に受け止める傾向にあります。

 

一方「男性に聞く年上女性との恋愛」は、某アンケート調査によると年上でも恋愛対象になると答えた理由の第一位は「見た目が若くて綺麗」が多く、男性のビジュアル重視が色濃く反映されています。

男という生き物は、目でエロスを感じたり、妄想を掻き立てられる時も、ビジュアルから始まるわけですから、「見た目が若い」って、実に単純で、可愛らしい考え方ですね。

 

でも見た目が若くて可愛い女性(※あくまでも「可愛い」は男性が感じる感覚)が、年下男性と恋愛できるとは限りませんね。

では女性が、年下男性を恋人に選ぶ割合が高くなるのは、いつごろでしょう。言葉を換えると、恋愛の射程範囲に「年下男性」が登場するようになるのはいつでしょう。

 

私は女性が35歳を過ぎてから、年下男性と恋を楽しむ傾向が出てくると感じています。35歳前までの女性は婚活、結婚、出産という人生サイクルに忙しく、また30代半ばまでは、年上男性の人気が顕著です。特に20代女性は、自分に自信がないため、年上の男性と付き合って成長したいという傾向が強いですね。

 

ある大手企業の感性を重視する部署の役員が「男は25歳からスタートライン」と指摘しています。

新入社員の男女を比較すると、女性はその日から即戦力になる可能性がありますが、男性は成長が遅いため、25歳まで大事に育ててあげることで、25歳から伸びていくそうです。女性は逆に25歳の壁があって、これまで順調な成長ぶりだったのがスランプになり、そのため転職したり結婚したりが増えるそうです。25歳は女の分岐点といえますね。

一方男性は女性と反比例して25歳から大人の男性として成長していくわけですから、20代後半から、30代前半でやっと一人前になっていくといえます。もちろん、個人差がありますけどね。

 

男性の結婚観は「結婚の時期」が重要ですから、仕事の目標を達成したり、満足のいくポストに就いたり、上司や会社に認められたりなどで「一人前」を自覚できます。自信もついてくる頃に、やっと結婚に前向きになります。

年下男性との恋愛

女性は反対に35歳まで出産したいという願望が強くなれば、男性が主張する「結婚の時期」を待っているより、すでに社会的に成長し「いつでも結婚OK」の男性を結婚の対象に選んでいきます。

こうして結婚をリアルに感じられない成長過程の年下男性と、出産時期を意識して婚活に励むも残念ながら縁がなかった大人の女性が出会い、恋愛に発展するのは、自然なことでしょう。大人の女性と付き合っているうちに、成長する男性も少なくないからです。

 

先日夜遅くまで営業しているあるカフェのカウンターで、隣に座ってビールを飲んでいた28歳の男性から、偶然に7歳年上の女性と付き合っていることを打ち明けられました。 

女性とのことをぽつりぽつりと語りながら、「年上女性は最高!」と嬉しそうにビールを飲み干した男性の幸せそうな表情を、今でも忘れられません。

 

またこれまで年下に興味のなかった30代アラフォー女性も、年下男性を恋愛対象に選ぶようになったいきさつを次のように語ってくれました。

「婚活に疲れ果てていた時でした。いつものようにアプリの婚活イベントに参加したものの、これといった男性がいなくて。終わってから一緒に参加した女友達と残念会をやっていた時に、このままではいけないと思ったんです」

 

ため息をつきながら、ふと違う部署に気になる年下男性のことを思い出したそうです。それは会社帰りの電車で偶然に同じ車両に乗り合わせる5歳年下の男性。思い切って、電車の中で声をかけたことがきっかけで、デートへ。

年上女性の前で、素直にふるまう男性が愛おしくなり、そのまま交際し、1年後に婚約。年下男性の魅力に気づかなければ、あのまま、疲弊した挙句、婚活を諦めたかもしれなかったそうです。

婚活に疲れた頃、発想を変えてみる。これが功を奏したと言えますね。

 

さてせっかく恋愛の射程距離に年下彼氏を置くのなら、最強の愛され年上女性を目指しましょう!

年下彼氏が求める最強年上女性。イメージでいえば、母親になった石原さとみ。綾瀬はるかではなく、あくまでも石原さとみです。

石原さとみは、なんといってもビジュアルが可愛い。男女共に好かれる性格美人。

しかも偉ぶらずに素直で、さらに玉石混合の芸能界で、自分の立ち位置をちゃんと把握しているという理由で賢い。

そして男選び。魅力的な男性を選ぶ目を持っています。しかもガートも緩くないので、浮気される心配もなさそう。

 

今後石原さとみが母親になると、母性もにじみ出る最強女になるでしょう。

また映画ファンなら、ブラッド・ピットと蜜月だった頃のアンジーこと、アンジョリーナ・ジョリーを「男をメロメロにする最強女」だったことを思い出しますね。 

アンジーは、乳がんの予防として両方の乳房を切除し、その後から激ヤセやブラピと不仲になりますが、その前のアンジーはエロスと母性と知性と行動力を備えた素晴らしい女性と絶賛されていました。

年下男性にとって、エロスと母性の両方を持っている女性は、どんな手段を使っても、自分の女にしたいものです。

男性は女性に甘えて生きていきたいもの。年上女性と付き合っているだけで、甘えてもいいと勝手に解釈してしまいます。それを可愛いと思える女性なら、年下彼氏とすぐに付き合えますね!

最強の年上女性とは?

・可愛らしい(ビジュアルもしぐさも性格も)

・エロスと母性の両方を持っている

・甘えさせてくれる

・男性を手のひらで転がせる賢さがある

・男を成長させる

 

また年下男性を恋人にする方法は至って簡単です。

まずあなたが年下男性をウェルカムだとアピールすること。

話を聞いてあげること。年下男性の前では、素直でいいと思うこと。

そして自分から結婚を迫らないこと。それより年下男性の成長を喜ぶこと。

甘えさせるだけでなく、「私は別の人と結婚するかもしれない」という適度な緊張感をもたらすこと。適度な緊張感も、男の成長に繋がりますから。

 

年下彼氏と結婚して幸せな女性たちは、「最初から男の母親になることをやめる」と決めています。

母親は何でも許してくれる存在ですが、男は母親とは男女関係にはなりません。

長続きする秘訣は、母親ではなく、男性を思いやる母性。

年上女性の母性こそ、男をたちまち夢中にさせる最大の武器なのです!

 

(夏目かをる)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、コラム、ルポ、小説と幅広く執筆中。07年10万人に一人の難病・ギランバレー症候群を後遺症なしに完治。牡牛座、愛猫はエルメス。小説「ボディー・クラッシュ」(河出書房新社)、「季節はずれの恋」(講談社)。「同窓会恋愛」「女の33歳の壁の正体」(週刊朝日)。書籍「英語でリッチ!」(アーク出版)で第12回ライターズネットワーク受賞。 ・恋愛小説「眠れない夜」配信中 ・公式ホームページ:http://tcw.jp/moon-river/恋愛婚活結婚blog
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 年下の彼を恋人にする方法【夏目かをるの最強女になる!vol....
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。