大人女子のためのWebメディア
検索

結婚式場を決めるために、チェックしておきたいポイント

結婚が決まったら、2人で探さなくてはならないのは理想の結婚式場です。後悔しない結婚式にするためにはどんな式場を選ぶのがよいのでしょうか?チェックしておきたいポイントについて解説します。

どんな式にしたいかを決める

結婚式場を決める際に重要なのは、2人がどんな式にしたいと考えているのかを明確にしておくことです。

どのような式にするかによって、選ぶべき式場も違ってきます。

式場の下見や、ブライダルフェアに参加して、多くの式場をまわるのもよいですが、ある程度条件を決めておかなければなかなかピンとくる式場とは出会えないかもしれません。

挙式のスタイルには、キリスト教式、神前式、仏前式、人前式があります。まずはどのスタイルで式を挙げたいかを決めましょう。挙式スタイルが決まったら、自分たちの好みの雰囲気や、希望をかなえることができる式場を探して式場巡りをスタートさせます。会場の雰囲気なども重要ですが、駅からの距離などの立地条件をチェックしておくことも大事です。

どんな披露宴にしたいのかを決める

挙式のスタイルを決めて、式場を探しますが、加えてどんな披露宴にするかを考えておく必要があります。挙式と披露宴を同じ会場で行うことも多いですが、教会や神社などで式を挙げたあとにホテルなどに移動して披露宴を行う場合もあります。

 

ホテルを選ぶメリットとしては、そのまま遠方からの招待客が宿泊することができるということが挙げられます。さらに、招待客の人数によっても選ぶ会場は変わってくるでしょう。余興などの演出に凝りたい場合は、設備などの整ったホテルや結婚式場を選ぶ必要があります。

 

演出よりも、招待客をもてなす料理にこだわりたい場合は、レストランでの披露宴もおすすめです。披露宴では、あれもこれもと詰め込みたくなるものですが、まずは一番重視しておきたいポイントを決めることが何より大事です。

予算を決めておくことが大事

自分たちの希望がはっきりしたら、式にかけることができる費用の上限を決めておきましょう。

ブライダルフェアなどでは、結婚式場がお客様を得るために最上級の演出を行っているため、自分たちも同じようにしようとすると予算オーバーなどということにもなりかねません。

会場の装飾や、料理のランク、行う演出の種類など、それぞれにどのくらいの費用をかけることができるかを前もって把握しておけば、費用に関するトラブルは起きないはずです。

また式場を見学する際には、デジカメなどを持参して、式場やドレス、料理などを写真にとっておきましょう。いくつかの式場を見学して、費用のことも含めて比較検討するには、記憶だけでなく、写真にも残しておくことが重要です。2人で満足のいく式を挙げるためには、手間をおしまずじっくりと比較検討を重ねていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。