大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 自分の話ばかりする彼氏の心理とは。どうしたら私の話を聞いてく...
2018年07月19日更新

自分の話ばかりする彼氏の心理とは。どうしたら私の話を聞いてくれる?

デート中、ふと気が付けば彼氏が一方的にしゃべり、自分は聞き役ばかり。そんな風に感じたことはありませんか?
あなたが自分の話をしようとしても、すぐに話題を変えられてしまう。あなたが自分の話を始めると上の空でそわそわし始める。
彼氏のそんな態度が気になることはありませんか?
気を許している彼氏にこそ、あなたの話ももっと積極的に聞いてほしいですよね。自分の話ばかりする彼氏のその心理状態と改善方法についてご紹介します。

1. 自分の話ばかりする彼氏の心理「あなたが大好きだから」

自分の話ばかりする彼氏

自分の話ばかりするというのは、「自分を認めてほしい!」「理解してほしい」という欲求が隠されています。ついつい自分の話ばかりしてしまう心理には、あなたのことが大好きで、もっと自分について知って欲しいという気持ちが隠されているんですね。
特に男性は見栄を張る生き物です。男性同士の会話でも自分の知識をお互いに披露することが多いものです。そんな男性ですから、大好きなあなたにはとくに「すごい!」と思ってほしいのです。

では、そんな彼氏の心理をもう少し深く追求してみましょう。

 (1)彼氏はあなたを知り尽くしていると思い込んでいる

自分の話ばかりする彼氏というのは、あなたについてはあまり質問などがありません。延々と自分の話をして、あなたには話を振ろうともしません。
「自分のことばかりで私に興味が無いのかな」と思ってしまいますよね。でも実はそうではありません。
彼氏の中では、あなたという人物はすでに出来上がっていて質問の余地もないのです。彼はあなたのことが大好きで、あなたのことは全て理解してると考えているのです。
あなたにも毎日新しい出来事が起こるし、趣味や価値観も少しずつ変わります。そのため、あなたの新しい出来事についてもぜひ彼氏に話を聞いてほしいところですよね。
ところが彼氏の中では、あなたに対して質問することが思い浮かばないのです。

 (2)とにかく自分の趣味、こだわり、すべてを認めてほしい

自分の話ばかりする彼氏というのは趣味の範囲が広い、もしくは、一つの趣味についてかなり深く追求している人が多いです。趣味や生活についてこだわりが強く、深い知識を持っているので話題が尽きないんですね。
そしてその趣味や活動について、彼女であるあなたに全て知っておいて欲しいと思っています。あなたを特別に思っているからこそ、全て知って欲しいと思うんですね。
あなたにしてみれば、全く興味のないことかもしれません。正直興味のない事柄を延々と聞かされるのは苦痛とさえ言えますよね。
でも彼はあなたを特別に思うからこそ、全て知っていて欲しいと思っているのです。

2. 自分の話ばかりする彼氏の心理「あなたに甘えてる」

自分の話ばかりする彼氏

自分の話ばかりする彼氏というのは、あなたに少々依存気味の可能性があります。彼氏にとってあなたは、何でも聞いてくれる無くてはならない存在なのでしょう。
親兄弟、友人や同僚には言えないようなことも、あなたなら話しやすいし聞いてくれる、そんな大きな安心感をもっているのでしょう。
あなたが聞き上手で、包容力のあるタイプの場合、この可能性が強いですね。自分の自慢話、武勇伝、知識の広さについての話題だけでなく、愚痴や泣き言が多い場合、あなたに依存している場合があります。

 (1) あなたがとても聞き上手なので話し過ぎてしまう

あなたは人から「話しやすい」と言われたり「聞き上手だね」と言われたりしませんか?彼氏が自分の話ばかりしてしまう理由の一つに、あなたがとても聞き上手だからというものがあります。
良いタイミングで相槌を打ち、適度な質問をしてくれるので彼氏の気持ちが乗ってきて、どんどん自分の話ばかりしてしまうという可能性があります。
彼氏はあなたと会うと話したいことが話せて、とても気持ちがスッキリするし癒されると感じていることでしょう。

 (2) ストレスが溜まっている可能性も

彼氏の会話の8割以上が愚痴や泣き言になっていませんか?もしそうなら、彼氏は相当ストレスが溜まっているかもしれません。あなたに愚痴などを話すことで、心の平和を保っている可能性さえあります。

彼氏にとって、あなたは精神科医のような存在でしょう。ただ、あまり依存され続けるのはよくありません。平等な関係とは言えないからです。
それに彼氏の環境が良くなり愚痴が減ってきたとき、あなたが「必要のない」存在になってしまう場合があります。
彼氏と長く付き合っていきたいのなら愚痴の聞き役を少しずつ止めていく必要がありますね。

3. 私の話も聞いて!自分の話ばかりする彼氏の改善方法

ここまでは、自分の話ばかりする彼氏の心理状態についてご紹介しました。
あなたを好きなあまりアピール状態で自分の話しばかりしてしまっている可能性や、あなたに甘えている可能性、ストレスの可能性などについてまとめました。
さてここからは、改善策についてまとめていきます。
彼氏に対して一体、どのような態度を取れば、自分の話しばかりでなくこちらの話も聞くようになるのでしょうか。具体的に対策をまとめていきますので参考にしてください。

 (1) あなた自身がマシンガントークを炸裂させてみる

彼自身、「俺は自分の話しばかりをしている」という自覚が全くない可能性があります。あなたにアピールしたいあまりに、冷静になれず夢中になってしまっているんですね。
あなたが好きだという純粋な気持ちからくるものなので、なかなか気づくのが難しいかもしれません。そんなときの改善方法についてご紹介します。
彼氏が自分の話しばかりし始めたら、あなたも会話の途中から、あなた自身の話しばかりをしてみてください。
彼氏のの話が一区切りついたところで、会話を横取りするのです。タイミングは唐突で構いません。とりあえず、あなたが自分の話を延々と続けてみるのです。
そうすることで、彼氏はふと、自分の話ばかりするあなたをみて、自分自身を振り返ります。自分も、同じように会話を一方的に続けていたんだなと気づくという訳です。
話を一方的に聞かされる人間の立場になれば、相手の気持ちに気づくことでしょう。

 (2) 思い切って彼氏の話の腰を折ってみる

包容力があって聞き上手なあなたに彼氏が甘えている場合、思い切って彼氏の話の腰を折ってしまうのもひとつの手です。
彼氏をムッとさせない、失礼にならない程度にするのがポイントです。
この方法は、愚痴や泣き言を一方的に話してくる彼氏に対しても有効です。彼氏が、会社の愚痴などを話し始めたら、唐突で良いので「ところで来週の日曜なんだけど」と全く違う話題を始めるのです。
また彼氏が、自分の話題を話し始めたら、こちらも話題を唐突に変える。この繰り返しで、彼氏は「聞き上手」で「心地よい相手」と思い込んでいたあなたに対しての考え方を変え始めます。
今まで気持ちよく話させてくれたのに……。と彼氏は不満に思うかもしれません。
でもあなたの方に、「一方的に話を聞かされるのは困る」という気持ちが少しでもあるのなら、この方法で思い切って話を中断させてください。我慢して聞き続ける必要はありません。
そうすることで、たとえ彼氏との仲が悪化したとしても、それは仕方ありません。彼氏はあなたを愚痴の吐き出す相手として利用していただけということになるからです。

 

好きな人の話を聞くのはとても楽しいですね。時間が過ぎるのもあっという間です。
でも、その会話がキャッチボールになっておらず一方的だったり、こちらが全く興味のないことを延々と話されると困ることもあります。
たとえそれが大好きな彼氏であってもです。彼氏の一方的な話に困っているというあなたは、ぜひ改善策をためしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋愛には、正解や近道が無いものです。迷いやときには後戻りも必要かもしれません。今までの恋愛経験にもとづき、悩んでいる恋愛のヒントになるコラムを書いています。皆様のお役に少しでもたてますように!
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 自分の話ばかりする彼氏の心理とは。どうしたら私の話を聞いてく...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。