大人女子のためのWebメディア
検索
2018年08月07日更新

不倫を夫にバレてしまいました【ひかりの恋愛相談室】

5月から新連載の「ひかりの恋愛相談室」がスタートしました。このコーナーでは、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

結婚していても、他の異性に惹かれることもあるものです。でも中には、現実逃避から不倫に走ってしまう人もいます。今回は、こういったお悩み相談です。

Rさん・36歳のお悩み

結婚して5年になります。子供はいません。今、パートの仕事をしています。夫はバツイチで、別居中の子持ちです。周りも結婚しているので、憧れの気持ちだけでしてしましたが、すぐに、夫の借金、仕事、子供の悩みなど、問題が次から次へと出てきて、結婚したことを後悔しました。夫は平気で嘘をつき、怒ると物に当たり、怒鳴ります。これまで何百回と離婚を考えてきました。

 

そんな時にネットでメール友募集の欄を見て出会ったのが、1歳上の独身男性でした。彼は優しくて、私の話を聞いてくれ、一緒にいる時間が楽しかったです。LINEを毎日して、彼の自宅にも毎週遊びに行くようになりました。お互いに好意をもっていたし、私は夫よりも彼のことが好きになりました。

でも、夫に彼とのLINEを見られてしまい、修羅場に。夫は私に殴る蹴るを繰り返し、親にも不倫したことを連絡しましたが、今でもそんな私と離婚はせず、生活しています。私はお金のこともあるので、今年いっぱいは一緒にいて、来年実家に帰る予定です。

 

夫に不倫がバレてからも、彼とはメールのやりとりはしていたのですが、だんだん返事はそっけなくなり、そのうち連絡が来なくなりました。彼と終わったことが悲しくて寂しくてたまりません。どうしたら忘れられるでしょうか?

Rさんへの回答

Rさんが今、大変な状況であることは分かりますが、今後は、目先の感情に振り回されるのではなく、もう少し先のこと考えて、行動された方がいいと思います。

Rさんは、自分の感情に流されるままに行動し、「それをすることでどんなことが起こるのか?」を想定しないまま、これまで来てしまっています。だから、「自分で人生を選択している」という自覚がなく、自分がやったことに責任をとれずに、旦那さんのせいにばかりしています。

 

Rさんの旦那さんは、借金があり、DV癖もあり、最悪な人ではありますが、Rさんが「自分に見る目がなかった」ことをきちんと反省していたら、おそらくそんな“メール友募集をして、人妻と不倫を楽しむような男性”にはひっかからなかったでしょう。

また、自分が夫の稼いできたお金で生活しながらも、夫を裏切って、不倫をしているという自覚があれば、そんな浮気相手とのLINEは、メッセージが届いたときにスマホに表示されないように「通知オフ」にしたり、読んだらその都度、削除したりして、夫に見られることを回避することだってできたと思います。

また、本当にその彼との未来を望んだのであれば、まずは夫に不倫がバレないまま、離婚に持っていく方法だってあったでしょう。何も考えずに、ただただ流されているから、こんなことになっていることを理解しないと、これからも同じような失敗を繰り返しますよ?

現実逃避をしていては、幸せになれない

人妻の不倫には、いくつかパターンがあります。

A:不倫をする気はなかったのに、否応なしに心惹かれる相手に出会ってしまったパターン

B:ただただ婚外恋愛を楽しみたいパターン

C:うまくいかない結婚生活から現実逃避したいパターン

 

基本、不倫はしてはいけませんが、Aパターンであれば、同情の余地がないわけではありません。Bは、ある意味、“浮気者”という病気です(苦笑)。本人の強い意志と理性がない限り、不倫はやめないでしょう。Cの場合は、もっと人生の選択を間違いないようにする必要があります。

 

今回のRさんは、Cパターンのように見えます。自分の強い意志で「もっと幸せになるぞ!」と思って行動していないので、現状の問題を誤魔化すためだけに不倫に走りました。

ハッキリ言って、Cパターンの人は、やることの順番を間違えています。もし本当に今の結婚生活に不満があるのであれば、まずはその結婚生活をどうにかしてから、次の出会いを考えなくてはいけません。結婚したまま、恋の相手を探すようでは、遊ばれるだけです。

 

今まで、本気で旦那さんと別れることを考えていたのであれば、まずはすんなり離婚ができるような準備をしておくべきだったのです。旦那さんに借金があるなら、「借金を早く返済した方がいいから、私もパートではなく、社員の仕事をしたい」と言えば、OKをもらえたはずです。そうやって、自分で生活費を稼げるようになれば、もっと早くに家を出ることだってできたでしょう。

またDV癖があって、色々な問題を抱えている旦那さんなのであれば、離婚カウンセラーに相談すれば、法的な手段を使って、すんなり離婚ができる方法を教えてもらえたでしょう。

「自分が将来的にどうしたいのか?」というビジョンがないから、そんな無計画な行動で、状況を悪化させてしまうのです。

不倫相手の彼は、遊びたかっただけ

不倫相手のことは、忘れるしかありません。なぜなら、相手は本気ではなかったのだから。もし本気でRさんのことを好きだったのであれば、こんな状況になったときに真っ先に「離婚して、僕と結婚しよう」と言ってくれたはずです。

基本、男性は、“タダで、責任を持つ必要もなく、Hをさせてくれる女性”がいたら、そこに愛情がなくても優しくするものです。また「メル友募集で浮気相手を探し、不倫をするような女性」を、自分の妻にしたいと思う人は少ないでしょう。自分もいつか同じことをされるかもしれないと恐れるからです。

そんなことを理解せず、不倫相手と連絡がこないことにただただ悲しんでいるRさんは、自分がしてきた行動を理解し、責任をとる、ということができていません。

 

年内までは旦那さんと一緒に住むようですが、こんな状況なら、普通なら家を出るはずです。監禁されているわけでもないなら、出られるはずです。旦那さんからDVを受けていると言えば、Rさんのご両親だって「今すぐに帰ってきなさい」と言ってくれるはずでしょう。そうでなくても、「お金のことがあるから」なんて言い訳です。世の中にはアルバイトで生活している人だっています。子供がいなくて1人なのであれば、やる気さえあれば、なんとでもなるはずです。

 

Rさんの一番の問題は、「自分で自分を幸せにする強い意志がないこと」です。感情に流されるままに生きるのではなく、強い意志を持って、今後、“自分が幸せになるための道”を真剣に考えてみては?

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。