大人女子のためのWebメディア
検索
2018年08月14日更新

男性が「いつ貰っても嬉しいLINE」のテク3つ

いつでも気軽にメッセージが送れるLINE。気になる男性との連絡に使っている女性も多いと思います。顔の見えないLINEでのやり取りで大切なのは、お互いのペースを尊重すること。急かされると男性の恋心が失せることもあるLINEですが、「いつもらっても嬉しいLINE」って、どんなものでしょうか?

「お疲れさま」「明日もがんばろうね」など励ましの言葉がある

仕事が終わって会社を出たあとの、一息つくタイミング。LINEの通知が来たと思ったら、「お仕事お疲れさま! 今日も無事に終わった?」とこちらをねぎらうメッセージが。
こんなとき、男性の心はリラックスします。
思わず「ありがとう。そっちは?」と返したくなるのは、自分を気遣ってくれているのがわかるから。会話の終わりに「明日もがんばろうね」などあるのも、自然と「いい子だな」と思えます。

写真や動画は男性の関心のあるものを

写真などを送る女性も多いと思いますが、たとえばお昼のランチに食べたものを送っても、感想が「ふーん」だけなら男性は返信に困ります。
それより、映画が好きな男性なら新作のPVや記事のリンク、サッカーをしている男性なら好きなチームの写真など、男性の関心のあるものを送るのが楽しいやり取りにつながります。
「俺に興味を持ってくれているんだな」とわかると、男性だって嫌な気はしないものです。

「電話したいな」など好意が伝わるメッセージ

会話が盛り上がっているときに、「声が聞きたいな」と不意に送ってみる。こんなアプローチも、男性はドキッとします。
LINEはあくまで会話のためのツールです。本当に距離を縮めたいなら、電話に切り替えたり会う約束をしたりと、次のステップに進めることを考えたいですね。
LINEの良いところは、面と向かって話さなくても済むところ。「そういうとこが好きだよ」など、好意をほのめかす言葉は、文字だからこそダイレクトに相手に伝わります。
たまには男性の気持ちを揺らすようなやり取りも、ふたりの親密度を上げてくれると思いましょう。

 

気軽に使えるからこそ、ただ話すだけでなく相手の気持ちに寄り添うメッセージを送るのが、喜ばれるLINE。いつもらっても嬉しいと思うのは、自分への配慮を感じるものであることを、忘れないでいてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

37歳で出産、1児のママとして奮闘中の恋愛コラムライター。恋愛相談家として男性心理なども勉強中です。「自分の幸せは自分で決める」がモットー。器用な恋なんて要らない、芯から愛情を楽しめる自分でありたい。趣味はジム通いとカラオケ、まだまだ恋バナ大好き!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。