大人女子のためのWebメディア
検索

「彼女」ではなく「セフレ」狙いの男性はここ判断して!

 

セフレ狙い欲しいのは、彼女ではなく都合よく会えるセフレ。こんな男性は、近づいてきてもどこか態度に誠実さがなく、嘘をつくことも平気です。騙されて遊ばれるなんて、絶対に避けたいですよね。セフレ狙いの男性はどこに注意すれば良いのか、お話します。

自分のプライバシーを明かさない

まともな出会いを求めている男性なら、関心を持った女性には積極的に自分のことを話します。まず自分を知ってもらうことで親しくなろうと思うからです。
ですが、セフレがほしい男性の場合は逆。下手にプライバシーを知られると捨てたくなったときに面倒になりそうなので、なるべく自分の情報は伝えないようにします。
住んでいる家や会社のことなど、こちらが尋ねても答えを渋るようなときは注意しましょう。

とにかくふたりきりで会おうとする

セフレがほしい男性は、親しくなることに時間をかけないのも特徴です。
誠実な男性なら、いきなり距離を縮めるような誘い方は警戒されると思って控えますが、セフレ狙いの男性はとにかくふたりきりで会おうとするので、おかしいなと思ったら「友達も一緒でいいですか?」など尋ねてみましょう。
他人が加わることを嫌がるときは、下心がある可能性大です。

ドライブなど、密室で過ごしたがる

誘われる時間帯がいつも夜で、個室のある居酒屋だったり薄暗いバーだったり。また、ドライブやカラオケなどやたら密室で過ごしたがるようなときも、男性の気持ちを疑ってみましょう。
他人の目を避けるのは、ふたりの関係を他人に知られたくないという後ろめたい気持ちがあるから。そして、他人を遠ざけることでより自分に集中してもらおうという下心があります。
そこまで親しくもない男性と、密室で過ごすのは危険です。誘いがあったらこちらから別のお店を提案するなどして、男性の様子を見ましょう。

 

セフレ狙いの男性は、女性の気持ちを尊重しないのが一番の特徴だといえます。こちらの気持ちを無視して関係を進めようとするような男性は、まず遠ざけるのが吉。誠意のある男性は、まず女性の気持ちを第一に考えることを忘れないでくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

37歳で出産、1児のママとして奮闘中の恋愛コラムライター。恋愛相談家として男性心理なども勉強中です。「自分の幸せは自分で決める」がモットー。器用な恋なんて要らない、芯から愛情を楽しめる自分でありたい。趣味はジム通いとカラオケ、まだまだ恋バナ大好き!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。