大人女子のためのWebメディア
検索

これを読んで予行練習!婚活パーティの流れを徹底解説

婚活

婚活パーティーに参加したいけれど、何をするのかわからなくて不安だと思っている人はたくさんいるはずです。
そんな方は、この記事を読んで婚活パーティーの流れを確認しパーティーへの参加にチャレンジしてみませんか。

1.まずはプロフィールカードの記入です

まずは、受付で渡されるプロフィールカードの記入から始まります。
名前、年齢、血液型、星座、職業、趣味、休日の過ごし方などが主な質問項目になります。
パーティによっては、最近旅行に行った場所、座右の銘、お風呂に入ったらまずはどこを洗うなど少し面白い質問項目がある場合もあります。


ここで書いてあることを見ながら男性と話していくので、話が盛り上がるか、興味を持ってもらえるか、重要な点となります。パーティ開始のギリギリに行くと書く時間がありません。

なので、パーティの受付時間を過ぎたら早めに会場に入ることをオススメします。

2.1対1のトークタイムを行います

パーティー開始の時刻になると、進行役の人がどのような流れでパーティが進行していくのかの説明があります。
パーティによって流れが違ったり、印象カードの記入方法などが違うので、しっかりと進行役の説明を聞いてください。


その説明が終わると、男性との1対1のトークタイムが始まります。
時間は参加者により違いますが、3〜5分くらいが平均的時間で、男性が回転寿しのように女性の席を順番に回ります。


パーティによっては、一巡しかしない場合もあるのでインスピレーションでこの人!と、思った男性との会話は全力でアピールしてください。

3.印象カード記入をします

一通り参加者とのトークが終わると、話してみてどうだったか印象を記入するカード記入があります。
良い印象を持った人の番号を書くかチェックをし、進行役の人に渡します。

 

そこで休憩タイムを挟み、印象チェックの結果の紙が返されます。
その紙には、あなたを良いと思ってくれた人の番号が書かれているかチェックされた状態になっています。
自分が良いと思った人が良いと思ってくれているか、または印象にあまり残っていない人からも良いと思ってくれていることもあります。


男性にどのような印象を持ってもらったか、しっかりチェックをしておいてください。

4.フリートークか再びトークタイムです

一度話してどのような印象を持ってもらったかわかったところで後半戦になります。
フリータイムのようにどうぞお好きにお話しください!という、フリートークか再び1対1のトークタイムになります。


申し込む時に、当日の流れが書いてあるはずなのでここは要チェックです。
社交的で自分からガンガンと話せるのであればどちらでも大丈夫ですが、人見知りでシャイの人はフリートークは男性から来てくれる場合もありますがそうでなかった場合、ただ座っているだけになってしまいます。
そんな人は、1対1のトークタイムを再び取り入れているパーティに参加することをオススメします。

5.最終カップリングです

後半戦を終えたら、いよいよ終盤です。
最終的に良いと思った人の番号を3〜5人ほど紙に記入して、進行役の人に渡します。
進行役の人が全員から回収し、集計をしてカップリングの発表になります。カップリングとは、お互いに良いと思った異性同士の番号を発表することです。


みごとカップリングが成立したら連絡先の交換、その流れでお茶というパターンもあります。
様々な婚活パーティが毎日のように開催されています。まずは参加をしてみなければ、素敵な出会い男性と出会えません。
まずは勇気を出して婚活パーティに参加をしてみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

数々の職を渡り歩いてきた30代の主婦ライター。大人の恋愛、結婚などアラサー向けの記事を書いています。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。