大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男の本音を明かします!男性が決して女性に言えないセックスの不...

男の本音を明かします!男性が決して女性に言えないセックスの不満

男のセックスの不満

男性は女性に対して不満があるとそれを本人に伝えることがありますが、なぜかセックスの不満は言えないもので、これは女性も同じではないでしょうか。例えばわがままな彼氏に対して「わがままだ」と不満は言えても、セックスでキスが少ない彼氏に対して「キスが少ない」と不満は言えないでしょうからね。

 

なぜセックスの不満は言いづらいのか?…その根拠はハッキリと分かりませんが、問題なのは「不満があっても言えない」という事実です。つまりあなたとセックスしている男性も実はセックスに不満を秘めている可能性があるわけで、そんな男性の本音をお伝えするのが今回のテーマです。

1. 性欲が強い男性が抱きやすい不満

そもそも男性は性欲が強い傾向がありますが、実際の性欲の強さには差があります。彼女と会う時は絶対にセックスしたいと思う男性がいる一方で、そこまでセックスにこだわらない男性もいます。そして性欲が強い男性だからこそ抱きやすい不満があります。このタイプの男性が抱く不満で厄介なのは、女性としては男性に満足してもらうためにしようとしたことが、逆に男性にとって不満の原因になるという点です。

 (1) セックスしたい時にできる割合が不公平

これはどういうことかと言うと、例えば男性が女性をセックスに誘ったとして、何らかの理由で女性が断ったとします。この場合、セックスを断った女性は多少の罪悪感から次に男性と会った機会にセックスに誘いますが、その気遣いが仇となります。男性は前回セックスができなかったことで女性の誘いには乗るでしょう。

 

そして、その繰り返しが起こると男性に不満を抱かせてしまうのです。なぜならこの場合、結果的に「男性が誘った時はセックスできないのに女性が誘った時にはセックスできる」という、言わばセックスしたい時にできる割合において男性と女性で不公平な状況ができあがるからです。

 

<不満解消のポイント>

あからさまに一方の誘いの時だけセックスできる状況を作らないことです。また、セックスを断った時には代わりに次回のセックスを約束するなど、とにかく「俺が誘った時だけできない」と男性に思わせないことです。

 (2) セックスのマンネリを感じる不満

カップルにとってセックスのマンネリはある意味宿敵とも言える問題ですが、実際にマンネリを感じやすいのは性欲の強い男性に多い傾向があります。理由は簡単で、性欲が強いためにセックスの頻度が高いからです。セックスの頻度が高い…つまり回数が多ければ、それだけマンネリも感じやすいということです。

 

男性を満足させたい気持ちから男性からのセックスの誘いに全て応じれば、その男性の性欲が強い場合はおのずとセックスする回数も多くなるでしょう。回数が多いことで男性の欲求不満の問題は起こりませんが、その分マンネリという問題を引き起こしてしまうのです。

 

<不満解消のポイント>

既に愛情が確かだと自信があるなら、時には愛情目的ではなく楽しむ目的のセックスをすることです。また、セックスする環境や時間帯を変えるだけでもマンネリ解消の効果があります。

2. セックスにセクシーさが感じられない不満

セックスは愛情を深めるための行為ですが、そこにセクシーさは欠かせません。もちろんAVのようなセックスをする必要はないですが、セクシーさが足りなければ男性は確実に不満を抱きます。最も、そんな男性心理は女性も理解しているため、時には大胆に責めて奉仕することもあるでしょう。しかしこれが、逆に男性からするとセクシーさが足りないと感じてしまう…言わば逆効果になる行為があるのです。

 (1) 全裸にならない物足りなさ

ありがちなのが、突然のセックスの場面です。例えばマンネリ解消や男性を興奮させるのが目的で、リビングで女性が突然男性を押し倒してセックスする。もしくは甘いムードになったことでキスしてそのままセックスする…このような状況が考えられます。

 

こうした突然のセックスだと女性が全裸にならないことが多く、男性にとってはそれが不満です。例え胸やアソコを出していても、全裸に比べると女性の裸を堪能できないですからね。また、突然のセックスだとお互いシャワーを浴びていない状態ですから、潔癖症の男性の場合は尚更嫌がります。

 

<不満解消のポイント>

突然のセックスでは、まずキスをすると良いですね。その時の男性の反応次第でキス止まりにすれば良いですし、男性が乗り気ならそのままセックスしても問題ないわけで、要するにキスで男性の反応を伺うのがベストです。

 (2) 挿入を求めるタイミングが早すぎる物足りなさ

挿入はセックスの中で男性が最も気持ち良く感じる瞬間ですが、その一方で男性は挿入を急かされるのを嫌がります。これは一度挿入すると後は射精するだけになってしまうためで、もう挿入までの過程にあるプレイを楽しめなくなるからです。

 

例えば女性が男性に挿入を求める…これは一見セクシーさの演出として抜群のイメージです。しかし、求めるタイミングが早すぎると男性は物足りないと感じてしまい、それはセックスをもっと楽しみたいと思っているからです。このため、早すぎる挿入は例え男性が射精できても不満を抱かせる要因になります。

 

<不満解消のポイント>

「セックスにおいて男性は挿入までの過程を重視する」…この事実を覚えておきましょう。仮に女性から男性に挿入を求めるなら、それまでの過程で男性が充分興奮と満足をしているかを判断してください。

 

3. まとめ

男性と女性では性別が理由による考えの違いが多々ありますが、それが最も露呈するのがセックスの場面です。女性が求めるセックスと男性が求めるセックスには違いがあるため、男性のためと思ってしたことでもそれが女性視点で考えたことであれば、男性を満足させられない…むしろ不満を抱かせてしまうことがあります。男性のために何かをしようと思うのであれば、それは男性視点に立って考えなければならないのです。

 

written by Ryuka


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男の本音を明かします!男性が決して女性に言えないセックスの不...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。