大人女子のためのWebメディア
検索
2018年11月02日更新

顔だけで美しさは決まらない!雰囲気美人になる方法

頭を抱える女性

顔立ちだけを見ると大したことはないのに、なぜか「美人」キャラで通っている人に出会ったことは、誰にでもあるはず。
美人扱いされる人とされない人の差は「美人風な雰囲気」をまとっているかどうかです!どうすれば雰囲気美人になれるのかまとめてみました。

1. 似合うおしゃれを見極める

便秘.乾燥,

自分の好きを押し通したおしゃれでもなんとか様になっていたのは、若さがあったから。
大人になって若さというフィルターが外れると、元々その人が持って生まれた肌質や体つきなどが目立ち始めます。そこにきちんと似合うおしゃれを見繕うことができれば、それだけで一気に美人見えしますよ!

 

自分に似合うおしゃれをするのが、美人への近道へとわかっているけれど、そもそも何が似合うのかわからない!という方におすすめのが、プロによるパーソナル診断です。自分に似合う色を知ることができるパーソナルカラー診断、似合う洋服のパターンがわかる骨格診断などが有名です。

2. 年齢に見合った「品格」を身につける

雰囲気美人

おバカな可愛さが通用する年齢ではなくなれば、その人を美しく見せるのは「品があるか」どうかです。どんな時も人の悪口を言わない、これも一つの品格です。悪口や噂話ばかりに興味津々な女性は、上品とは言えませんよね。
難しいお稽古事を始めるべき、というわけではありません。品のない行動をしない、と決めて生活するだけで周りの女性と差がつけられます。

 

大人の女性の武器は、年齢を重ねるとともに磨き上げてきた「品性」です。
パリジェンヌのおしゃれやライフスタイルに関する書籍が、ここ数年ブームになっています。パリジェンヌは若作りをすることもみっともないことだと思っています。時間をかけて築き上げた女性としての品格を対価にしたくないからです。
雰囲気美人は間違いなく、周囲の人から憧れられるような品の良さがあるんです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

私自身の成功体験や失敗談を基に、役に立つ恋愛や女磨きのハウツーについて記事を書いています。役に立つことはもちろん、読むことで明るい気持ちになって前を向けるような内容になるようにしていきたいです。私の記事が皆さんの背中を押す存在であることを、願っています。