大人女子のためのWebメディア
検索
2018年10月10日更新

脱・高嶺の花!「モテる隙」ってどうやって作るの?

高嶺の花,モテる隙

美人でスタイル抜群で、仕事もできて…そんな女性は、同性から見れば憧れの的になるもの。でも一方で、何もかもハイスペックだと高嶺の花だと思われてしまい、男性からはあまりモテないということも多いものです。

そんな高嶺の花女子がモテるためには、ずばり「モテる隙」を作ることが大切だといえます。今回は、高嶺の花から脱却するために有効な「モテる隙」の作り方をご紹介します。

 

1. 守ってあげたくなる女性

高嶺の花,モテる隙

何でも自分でこなすような女性は、精神的に自立しているように見えてかっこいいものです。しかし、男性からは「俺がいなくても大丈夫だろう」と思われて、放っておかれてしまいます。
男性には、女性を守りたいという欲求が本能的にあるものです。モテたいと思っているのであれば、男性に「守ってあげたい!」と思ってもらえるような行動をとりましょう。すると、男性はつい手を差し伸べたくなりますし、一気に近づきやすい存在になれるはずですよ。

 (1) 少しドジなくらいがかわいい

「いつもはしっかりしている人が少しドジをすると、そのギャップに萌える」という男性も多いものです。ドジをしたときは恥ずかしいものですが、隠さず素直に「やっちゃった!」といってはにかんでみましょう。

きっと男性の目には、そんな姿が可愛いらしく映るはずです。「完璧だと思っていたけれど、少しは抜けている一面もあるんだな」と、親近感を持ってもらいやすくなります。

人間誰しもドジの1つや2つはするものです。プライドを高く持たずにいることが、モテにも繋がってきます。

 (2) 男性の得意分野で頼ってみる

困ったことがあったときなどに男性に頼ってみるのも、モテる隙を作るには効果的です。たとえば、パソコンの操作方法がわからないというときには、パソコンが得意な男性に助けを求めてみましょう。

自分の得意分野のことで女性に頼られて、嬉しくない男性はいないはずです。「自分で調ねて解決できる」と思う人もいるかもしれませんが、毎回それではモテから遠ざかってしまいます。たまには頼ってみましょう。

また、力仕事や高い所は男性の方が女性より得意なことが多いです。重い荷物を運ぶときや高い所にある物を取るときに、近くに男性がいたらお願いしてみましょう。頼ったら、お礼をしっかり伝えることもお忘れなく!

 (3) たまには弱音を吐きましょう

常にポジティブな女性は魅力的ですが、隙がないようにも見えてしまいます。ポジティブな人にも弱い部分があるものです。人前で弱音を吐いたことがないという人は、たまには弱音を吐いてみましょう。いつもポジティブで強く見えるからこそ、弱音を吐くとそこにギャップ効果が生まれます。

弱音は大勢の前ではなく、気になる男性と2人きりになったときにポロっと言ってみると効果的です。「自分だけに弱い部分を見せてくれているのかな」と思い、意識しだしてくれるかもしれません。

 

2. 親しみやすい印象を与える

高嶺の花,モテる隙

男性の中には、「美人とは話すだけでも緊張する」という人もいます。それに加え、クールでとっつきにくい人という印象を与えてしまうと、話しかけるのを断念してしまう男性も多いものです。「俺なんか相手にしてもらえないだろうな」と尻込みされてしまうのです。
そう思われないようにするためにも、親しみやすい印象を持ってもらえるように心がけましょう。とっつきにくい人は恋愛対象には入りにくいですが、話しやすいと思ってもらうことで一気に恋愛対象に入る可能性が高まります。

 (1) 誰とでも分け隔てなく話してみる

まだ話したことがない人がいるとき、他の人と会話している様子を見て、相手の雰囲気を何となく掴むことってありますよね。相手にあまり他人と話す様子が見られなかったら、どんな人かわかりにくいため、話すきっかけも作りにくいものです。

声をかけやすい雰囲気を作るためには、誰とでも分け隔てなく話してみることが大切です。特定の人だけでなく、より多くの人と分け隔てなく話すことで、「俺も話しかけてみようかな」と思ってもらいやすくなります。

 (2) 笑顔を心がけて!

笑顔でいる人のところには、自然と人が寄ってくるといわれています。無表情の人と笑顔の人が並んで立っていたら、誰だって笑顔の人のほうが話しかけやすそうという印象を受けますよね。

美人な人は、それだけでクールな印象を与えてしまいがちです。見かけでなるべく「話しかけにくい」という判断をされないためにも、人と話すときは笑顔を心がけてみましょう。また、誰とも話していないときでも、険しい表情などはせず柔らかい表情でいることを心がけてみてください。そうすることで、話しかけてもらえる隙が生まれます。

 

3. 高嶺の花から脱却してモテ女になろう

高嶺の花,モテる隙

魅力はたっぷりあるけれどモテにくい、高嶺の花女子。モテない理由が、男性が尻込みしてしまうからという理由なのは、何だか損ですよね。
手が届くかわからない女性を追いかけたくなる本能が、男性には備わっています。高嶺の花女子は、少し隙を見せて「俺でもいけるかも!」と男性に思わせることで、究極のモテ女になれる可能性を秘めているのです。
弱い部分や親しみやすい一面を見せることでモテる隙を作り、高嶺の花からは脱却しましょう!

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。