大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • あなたはいくつ当てはまる?男を見る目がない女がよくやること
2018年11月06日更新

あなたはいくつ当てはまる?男を見る目がない女がよくやること

男を見る目がない女

彼氏が出来て、SNSで仲良しアピールするも、半年もすれば、
「彼が浮気した」「彼に暴力を振るわれた」「お金を無心される」
毎回こんなことやってる女友達いませんか?

 

一度くらいなら同情されますが、毎度毎度なら、周りからこんなレッテルを張られます。
「あの子、男見る目がないよね」

男を見る目がない女が幸せになれないのは明確。

 

あなたもそうならないように、
どんな女が「男を見る目がない」のかその行動の特徴を見てきましょう!

1. 惚れっぽくて尽くしすぎ

男を見る目がない女

 (1) 男の人は自分が追いかけた女の人しか大事にしない

男の人は「陽」である。
・・・ということを聞いたことはありませんか?


男の人が一番大事にする女の人は
「自分が頑張って落とした女の人」です。
女の人が言い寄って、それに男の人が答える
・・・という図だと、男の人は怠け者に。

 

この心理を知っておかないと、
男の人に猛アタックして、何とか付き合ってもらっても
「彼ったら照れ屋さんだから、私がデートの段取りをしないと」
「彼に振り向いてもらうにはもっと尽くさないと」
ということに。

 

こうなってしまったら、
「いろいろと尽くしてくれる」
     ↓
「俺が何もしなくていい」
     ↓
「こいつはどう扱ってもいいヤツ」

この路線まっしぐら。

 

昔から良く言いますね?
「たくさん惚れたほうが負け」と。
賢い女の人は、男の人に追わせます。

 

男を見る目のない女は、
「男の性質をよく知っていない女」と
言えるのです。

 (2) 感情のままに走りすぎる

男を見る目がない女

ただ単に「あの人カッコいい!」
・・・で終わればそれでいいのですが
一目惚れをして、その人を知らないうちから
突っ走って深い仲になってしまうのが
「男を見る目のない女」のよくやること。

 

声をかけたり、デートに行くのは良いのですが
深い仲になるまでには、
「相手からの告白を受けてから」
「相手を良く知ってから」
でも全然遅くありません。

 

あまりにもあっさり深い仲になってしまうと
「簡単な女」と思われてしまいます。
そうなると男の人からは
「誰にでもすぐ許す軽いヤツ
(彼女にするなんてとんでもない!)」
とみなされて大事にしてもらえません!

 

私自身も、独身時代は感情のままに走る人でしたが、
良い恋愛は出来ませんでした。
それを反省してやめてからは、いい恋愛が出来て
幸せな結婚することもできましたよ!

 

女の人は感情に走るところがありますが、
ちょっとこらえるだけで良くなることがたくさんあるので
身に覚えのある人は気を付けてくださいね。

2. 恋愛依存・恋愛中毒の気がある

男を見る目がない女

 (1) 彼氏が変わるとすべてが変わる?

たまに恋愛をすると服から髪型から、メイクから全部変わる人がいます。
「彼に染まります」というのはけなげで良いのですが
やりすぎると危険。

 

そのうち何もかもを彼に合わせるようになり、
彼は次第にそれがうっとおしくなって、
邪険に扱うようになってきます。

 

恋愛は確かに女の人をきれいにして、
楽しくしてくれるものですが、
幸せで永く続く恋は「バランスがとれている」もの。
何もかもを彼に捧げていると、彼も息苦しいし、
すぐに飽きられてしまいます。

 

彼を離したくないからと、
何もかも言いなりになったり、束縛したりするよりは、
適度に自分の世界を持っていると妙な男の人にダマされたりしません。

 (2) スリルが本当の恋だと思っている

冷たくされたときにハラハラする。
その後優しくされたらうんと嬉しい・・・。
そんなアップダウンの激しい恋を、

「ドキドキしてるから本当の恋だわ」
「これがときめきだわ」
なんて勘違いしていませんか?


また、あまりにも束縛がきつい彼を
 「愛されてるからそこまで束縛するんだ」
 とも思っていませんか?

 

でも本当の愛情はもっと安らかなもので、あなたを自由にしてくれるもの。

ドキドキ、ハラハラ、束縛されること。
こそが本当の恋だと思っていると、
安らぎを与えてくれる男の人を退屈に感じたり、
ただワガママで、あなたを振り回してるだけの男の人に惹かれるようになります。

 

一度不倫をしてしまうと、普通の恋愛が物足りなくなるようなものですね。
ハラハラ、ドキドキすることは恋愛以外にも沢山あります。
そっちで見つけましょう!

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

36歳で婚活スタート。様々な苦難を乗り越えて37歳で結婚相談所に入会、そこでなんと3か月で結婚。その後38歳で出産。いまでも旦那さんとは仲良し。「アラフォーの結婚は女を幸せにする」と豪語。 自分自身の経験をもとに「岸っぷちアラフォー女性がどうしたら結婚できるのか」「アラフォー女性におすすめの結婚相談所は?」を専門に記事を書いています。 URL:https://konkatu40.club/
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • あなたはいくつ当てはまる?男を見る目がない女がよくやること