大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 婚活疲れしてない?なぜ婚活疲れはおこるのか?婚活疲れの改善法
2018年11月23日更新

婚活疲れしてない?なぜ婚活疲れはおこるのか?婚活疲れの改善法

婚活疲れ

婚活は最初のうちはワクワクして楽しいものです。
でも何カ月たっても何の結果も出ない様なら・・・・

 

「疲れた・・・」
「もうパーティ行くのもだるい・・・」
「サイトを見る気がしない・・・」
ということになってきます。

 

どうしたら婚活疲れを改善できるのか?なぜ婚活疲れはおこるのか?
詳しく見ていきましょう!

1. 婚活疲れはなぜ起こる?

婚活疲れ

(1) 慣れないことをしている

婚活はズバリ「就職活動」と同じです。
覚えていませんか?慣れないスーツ、慣れないヒールの靴を履いて、企業を回って笑顔で質問に答えて・・
断られても何がいけないのか解らないし、また1からやり直し・・・・。
就職活動は疲れてへとへとになりましたよね?

 

それを同じことをしているのです。
たった一人、自分を受け入れてくれる人(会社)を探して、様々な人に会う・・・・。

 

就職活動はダメでも、
まだ「仕事が合わなかったな」「英語できないから」という逃げもありますが、
婚活は「自分の何がダメだったのかわからない」ことも多く、女性としての何かを否定された様にも思えます。
だから疲れるのですね。

(2) しんどくなるのは当たり前

人間は初めて会った人と話すことは緊張するものです。
ましてや異性で、人生をかけているとなると・・・
緊張するのは当たり前です。
これを毎週、月に何回もするのですから、疲れて当然ですね。

 

それを毎週末、何人かとやる、会うだけではありません。
会う以外にもメールのやり取り、紹介書を読んだり・・・・。

 

短期間で終わることが出来たらいいのですが、
うまくいかない時期が長引いてくると、気持ちも落ち込みますし、面倒になってきます。
この辺りも就職活動と同じなのです。

2. 婚活疲れの改善法

婚活疲れの改善法

(1) 思い切って休む

婚活がうまくいかなくて、疲れを感じた場合・・・・
とにかくいったん休みましょう。

 

結婚相談所でも「休会制度」というものを、設けているところは沢山あります。
それほど婚活はエネルギーがいることなのです。

 

婚活アプリでデートをする場合でも、
1カ月にデートする人数は、3人までが適度な人数だと言われています。

 

それ以上になると、自分でも話した内容、相手の情報を覚えられないし、わけがわからなくなってくるそうです。
そうなってくると相手からも「なんだよこの人」と思われて、
うまくいかなくなってくる・・・余計に疲れる・・・こんな悪循環になっていきます。
疲れを感じるようになったら、とにかくペースをダウンして、「出会いを育てていく」ようにしましょう。

(2) たまには違う方法を

「自分にはこれがいいから」と、同じ婚活手段ばかりやっていませんか?
同じ手段ばかりやっているとライン作業と同じで、飽きてきてしまいます。
しまいにはデートが仕事みたいになってきて、機械的に週末誰かに会う・・・
そんなことではまたうまくいきません。

 

婚活アプリをやって疲れたらパーティに行ってみる、
紹介ばかりで疲れてきたらバスツアーのような気軽な婚活をやってみるなど
いつもとは全く違う婚活手段をやってみることも良い気分転換になります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

36歳で婚活スタート。様々な苦難を乗り越えて37歳で結婚相談所に入会、そこでなんと3か月で結婚。その後38歳で出産。いまでも旦那さんとは仲良し。「アラフォーの結婚は女を幸せにする」と豪語。 自分自身の経験をもとに「岸っぷちアラフォー女性がどうしたら結婚できるのか」「アラフォー女性におすすめの結婚相談所は?」を専門に記事を書いています。 URL:https://konkatu40.club/
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 婚活疲れしてない?なぜ婚活疲れはおこるのか?婚活疲れの改善法