大人女子のためのWebメディア
検索

街コンに参加するメリット・デメリットとは?

街コンに参加するメリット・デメリットとは?画像1

近場に出会いがないと、気になってくるのが「街コン」。
いまでは毎日のように開催されている街コンですが、はじめての参加となると勇気がいるもの。
そこで今回は「街コンに参加するメリットとデメリット」についてご紹介します。

【メリット】

街コンに参加するメリット・デメリットとは?画像2

(1) 恋人を探している男女が集まる

まずは恋人を探している男女が一気に集結することです。
日常生活では彼女持ちだったり、「結婚は当分考えていない」という男性もいますが、そういうことは一切考えずにアプローチができます。普段知り合えない男性とも出会えるので、より新鮮に感じることができるでしょう。

(2) 女性は会費が安い

街コンの種類にもよりますが、男性と比べて女性の会費は圧倒的に安いです。
基本的には1,000円~3,000円くらいが多いですが、中にはワンコインで参加できる街コンもあります。これなら毎週参加しても、そこまでお財布には響かないでしょう。

(3) 男性慣れできる

街コンに参加するメリット・デメリットとは?画像3

たとえ彼氏が欲しくないと思っていても、男性と触れ合うことで新たな感情が生まれるかもしれません。
また、もし好きな人ができたとしても、男性慣れしていないとアプローチもできません。いざというときのために街コンで異性との関わり方を学んでおくのも、勉強になって良いでしょう。

【デメリット】

街コンに参加するメリット・デメリットとは?画像4

(1) パーティー選びが難しい

ひとえに「街コン」といっても、その種類はさまざま。少人数街コンは男女が1対1で会話できるのがメリットですが、その分、選べる男性も限られてきてしまいます。
逆に大規模街コンでは出会いは豊富かもしれませんが、女性の参加者も多いので気になった男性とは喋ることもできずに終わってしまうこともあります。

例えば15名定員と謳っていながらも、実際にはその半数しか参加者がいなかった……なんてこともあります。このように街コン選びは運も必須になってくるため、1回で諦めずに何度も挑戦する気持ちが大事になってくるでしょう。

(2) やっぱりかわいい子が得?

短い時間なので、見た目重視になってしまうところはあると思います。だからこそ街コンに行く際は、男性ウケするメイクやファッションをしていくのが無難です。

また、たとえば女性が25歳~35歳まで参加OKな街コンだった場合、やはり25歳の女性のほうが有利なのは否めません。街コンに申し込む前に、自分はそのパーティーのどのあたりの年齢層になるのかはチェックしておいたほうが良いでしょう。

(3) 面倒なことに巻き込まれる可能性も

街コンに参加するメリット・デメリットとは?画像5


街コンに参加する人の中には、宗教やビジネスに勧誘してくる人もいます。それに体目当ての人がいないとも言い切れないでしょう。
男性は会費が高い分、何としてでも元を取ろうとしている場合も。最後にマッチングしなかったのにも関わらず、しつこく「連絡先教えて」「これから飲みに行こうよ」と誘われるケースもあります。
これらを防ぐためにも、街コンには2人で参加をする、パーティー中にあまり個人情報を教えないなどの対策が必要かもしれません。

 

何をするにもデメリットはつきものです。
行ってみないとわからないこともあるので、街コンに興味がある人はこの記事で書かれていることに注意して、一度参加してみてはいかがでしょうか。

 

written by 和


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。