大人女子のためのWebメディア
検索
2018年12月08日更新

婚活中のアラサー女性が狙うべき男性の特徴

婚活中,アラサー女性,男性の特徴

婚活中のみなさん、お疲れ様です。 婚活をしていて楽しいながらもフッと思うこと・・・
それは、
「どんな男の人がいい旦那さんになってくれるのだろう?」
「どんな人を狙ったら幸せな結婚が出来るのだろう?」
こんなことではないでしょうか。

 

36歳で婚活をスタートさせ様々な苦難を乗り越えてきた筆者が辿り着いた答えは、
「原石ともいえる男性を育てていくのがベスト」
ということです。
一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

結婚相談所の仲人さんの証言

婚活中,アラサー女性,男性の特徴

関西で有名な某結婚相談所の仲人さんがこんなことを言っています。

「結婚出来ないでいる男性は、もともと異性経験が少ないから女性をうまくリード出来ない。
でもそんな男の人の中には、いいところにお勤めしていたりかなりの高収入の男性もいる。
そして性格的にも素直で真面目な男性が多い。そんな男の人と結婚して、女性が育てていけばいい」
※必勝婚活メソッド 「お見合い」という婚勝(山田由美子)より

 

いわゆる原石を手に入れて、自分の手で磨いて育てていけばいいとのことです。
そういう男の人は、女性経験が少ないので女性が親切にしたり、リード・フォローしてあげたら心から喜んで、その女性のことをとても大切にしてくれるとか!浮気の心配もないそう!
まさしく「旦那向きの男性」ですね。

「原石」君の特徴

婚活中,アラサー女性,男性の特徴

そんな婚活女性が狙うべき「原石君」ですが、どんな特徴を持っているのでしょう?

(1) ファッションセンスがない

とにかく服装がダサい。
いつ買ったのかわからないくらい古い服で流行も全くうとい。服だけでなく、持ち物全般がダサい。
会社用のスーツ・礼服・作業服位しか持っていないのではと思われるくらい。
でも本人は全く気にする様子もなく平然としている。
女性のファッションにも当然、知識も興味もなし。

(2) 女性の扱いが良くわからない

女性経験がほとんどないので、女性とデートをしても何を話せばいいのか皆目わからない。
ゆえにエスコートや、気の利いたサプライズやプレゼントも期待できない。
まれに「女性と食事やお茶をしてご馳走してあげると喜ばれる」ということすら知らない場合も。

(3) とても素直

その反面とても素直。
「ここはこうしたらもっといいのでは?」と女性が言うと素直にやってくれる。

この3番目の特徴、ここが原石君の最大のいいところです。
つまりあなたが彼の服装がダサいなあ~と思ったら、
「この服を着てみたら?絶対似合うよ」とおすすめしたり、プレゼントしてあげたらいいのです。
きっと喜んで着てくれるはず。
そして自分の手でかっこよくしてあげましょう。

 

デートコースやエスコートも女性の方から、
「ここ、楽しいところみたいですよ!一緒に行きましょう!」
などといって希望をどんどん伝えると喜んで連れて行ってくれるでしょう。

実際にいた!こんな原石君

婚活中,アラサー女性,男性の特徴

某結婚相談所で聞いた話ですが、一部上場の大企業で働いている理系の男性がいたそうです。
その男性は何と財布すら持っていなかったとか!

 

いつもお茶代としてズボンのポケットに小銭をジャラジャラいれてお見合いに行ってたそうなのです・・・。
当然いつも断られていたそう。
それでもなぜ断られているのか、女性が何を嫌がっているのか、さっぱりわからない・・・。
しかもその人はけっこう有名で女性会員の中で「小銭の人」とうわさされてもいたとか!
慌てて仲人さんがその男性に注意。

 

その男性も、原石君ですからとても素直な人です。
すぐに財布を買って、婚活もうまくいくようになったそうです。
この人も典型的な原石君ですね。

筆者 婚活小町の経験

私の夫も「原石君」にかなり近い人でした。
女性のことがあまり解ってなく、服もまったく無頓着。
「エスコートを期待しない」「私はフォローに回る」そうしたら、とてもうまくいくようになりました。

 

結婚してからは、
「これお願いしていい?できれば何時までに」
「こんどの日曜日は〇〇に行こう!」
と具体的に提案・お願いをしていますが、ほぼ100%聞いてもらえます。

 

もともと夫は趣味もないほうなので、男の人にありがちな
「趣味第一でお金も時間も家族より趣味に使う」
ということもありません。
週末はすることもないので家にいて、買い物に行ってくれたり子どもと遊んでくれたりしています。

 

夫としては大正解な人でしたが彼氏としたら・・・・
かなり退屈な人だったでしょう。

まとめ

いわゆる原石君は、彼氏にするにはかなり退屈な男性かもしれません。
でもオシャレで、エスコートも難なくできる男性は女性慣れしていて、間違いなくモテモテ。
落とすのが大変なうえ、結婚しても気が気ではありません。

 

でも原石君は違います。
結婚してから輝くばかりにかっこよくなってくれるのです!
そしてこんな自分と結婚してくれたという感謝でその女性のことを愛し、とても大切にしてくれます。

 

「結婚と恋愛は別」
旦那さんにする人はちょっとくらい退屈な人にして自分の好みに育てる・・・というのがおすすめです。

 

written by 婚活小町


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

36歳で婚活スタート。様々な苦難を乗り越えて37歳で結婚相談所に入会、そこでなんと3か月で結婚。その後38歳で出産。いまでも旦那さんとは仲良し。「アラフォーの結婚は女を幸せにする」と豪語。 自分自身の経験をもとに「岸っぷちアラフォー女性がどうしたら結婚できるのか」「アラフォー女性におすすめの結婚相談所は?」を専門に記事を書いています。 URL:https://konkatu40.club/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。