大人女子のためのWebメディア
検索
2018年12月11日更新

なぜ不倫がやめられないのか?不倫から抜け出せない理由

モテない理由

不倫で苦しんでいる人を見ると、
「そんなに苦しいんだったら、もう別れたらいいのに・・・」そう思いますよね。

 

そう言い切ってしまうのは楽なのですが、
不倫にハマってしまうと抜け出すのがとても難しいのです。
そのメカニズムを調べてみました。

1. スリルを恋愛感情と間違える

「恋はハラハラドキドキしなければおもしろくない」
そんなことを言う人がいます。

これは確かに言えていますね。
恋の最初はハラハラしますし、ドキドキもするものです。

 

不倫の恋はまさにこの、
「バレたらどうしよう・・・ハラハラ」
「秘密の関係だわ‥ドキドキ」
みたいなドキドキハラハラが充ち溢れています。
これが曲者。

 

このドキドキやハラハラは、普通の恋にもありますが、不倫の恋の比ではありません。
「制限のある中で時間をやりくりして会う」
「禁じられた恋」
こんなシチュエーションは何とも言えずスリリングで癖になってしまうのです。
これは「陶酔感」ともいいますが、かなり強い刺激になって癖になってしまうものだそう。

 

筆者の知り合いにもそんな人がいました。
泥沼のような不倫からやっとの思いで。抜け出せたのですが、次の恋もまた不倫・・・。
一度は独身の男性とお付き合いもしてみたらしいのですが、
なんだか退屈でドキドキしないしときめきもないから、これが恋なのかわからない…といってお別れしたそう。

 

そしてまた泥沼にはまっているわけですが、
「こんなに苦しいのも、相手のことが本当に好きだから悩むんだ」
と思い込んでいるふしも感じられました。
結局その不倫も当たり前ですが終りになって、今はどうしているのやら・・・


ドキドキやハラハラも楽しいのは最初だけ。
本当の愛情はもっと穏やかなものだと気が付くまで、その相手と別れても陶酔感やスリルを求めて、何度も不倫に走ってしまうのかもしれません。

2. 体の相性

「ダメだと思っていても、体の相性がいいから別れられない」
と悩む人が多いですね。

「不倫は体のことで別れられなくなるもの」
とも言えるでしょう。

これはダブル不倫、独身女性の不倫も、差はありません。

 

もともと不倫の関係は、
「お昼に堂々とデート出来ない」
「週末会うことができない」
というハンデが大前提にあります。

そうなってくると夜に会うしかないわけです。
そうなると・・・もうすることというのは決まってきます。

 

実際、筆者の知り合いで不倫をしていた人も
「セックスしかすることがないの・・」
とぼそっとつぶやいていましたから・・・。


「スリルと恋愛感情を間違える」でも書きましたが、
不倫はもともとドキドキやハラハラするのが常。
そのドキドキとあいまって、セックスはいやがうえにも盛り上がるもの。
一晩中一緒にいられない切なさなども、セックスのエッセンスになっていきます。

 

男性ももともと奥さんとの夫婦生活に不満がある人が多いうえ、不倫相手に対する後ろめたさも手伝って、思う存分サービスもしてくれるでしょう。
そうなってくるとあっという間に、「離れられなくなる」関係に。

体の相性ももともと合うのでしょうが、環境も味方して、セックスが盛り上がりすぎ、離れられない関係になってしまうと言えます。

3. 環境の変化がない

独身者同士であれば、お付き合いが進むと、結婚の話が出たり、一緒に住む話が出たりします。
そういった環境の変化があれば、
「じゃあどうしようか」という2人の関係を進展させたりするきっかけにもなりやすいのですが、

 

不倫の関係には一切そういったことはありません。
もともと男性が既婚者の場合、
不倫相手と関係を進展させるより、むしろ現実逃避の対象、気分転換の場所として、永遠に今の状態にとどめておきたいと思うもの。

 

それに女性が異を唱えずに、合わせていく限りは、別れることにはなりにくいでしょう。
不倫にここまでいったらOKというゴールはありません。
相手が奥さんと別れて自分と結婚してくれたらそれがゴールなのかもしれませんが、
それは難しいとなった場合、女性が満足できるゴールは他にないのです。
そんなゴールがない以上、終わらせることは難しいのかもしれません。

 

一度男性の転勤がきっかけで不倫が否応なしに終わった人がいましたが、それくらいの強制的なことがないと終わらせることはできないでしょう。

まとめ

不倫の恋は確かに最初は楽しいもの。
だれにも内緒の恋は確実にハラハラドキドキして盛り上がります。
そういった環境は、セックスを盛り上げてもくれますし、セックスが良ければ離れられなくなってもきます。

 

でも・・・そればかりではまるで、
「終わらないジェットコースターに乗っている」ようなもの。
ヘトヘトになるだけです。

 

離れられないメカニズムを理解して、これは本当の恋じゃないんだなと思う事・・・そう思えば不倫は辞めやすくなるものです。

 

written by 婚活小町


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

36歳で婚活スタート。様々な苦難を乗り越えて37歳で結婚相談所に入会、そこでなんと3か月で結婚。その後38歳で出産。いまでも旦那さんとは仲良し。「アラフォーの結婚は女を幸せにする」と豪語。 自分自身の経験をもとに「岸っぷちアラフォー女性がどうしたら結婚できるのか」「アラフォー女性におすすめの結婚相談所は?」を専門に記事を書いています。 URL:https://konkatu40.club/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。