大人女子のためのWebメディア
検索
2019年01月02日更新

プラスにもマイナスにもなる!男性が喜ぶLINEと嫌がるLINE

プラスにもマイナスにもなる!男性が喜ぶLINEと嫌がるLINE画像1

恋愛の駆け引きには攻めと守りがあり、好きな男性にLINEを送ることは攻めになります。しかしスポーツを観れば分かるように、攻めは作戦を間違えると得点どころか失点につながってしまい、それは恋愛の駆け引きにおいても例外ではありません。
例えばLINEの場合、男性が喜ぶものもあれば嫌がるものもあり、間違った内容のLINEを送ってしまうと男性と親しくなるどころか遠ざかってしまいます。

1. 男性が喜ぶLINEとは

プラスにもマイナスにもなる!男性が喜ぶLINEと嫌がるLINE画像2

男性が喜ぶLINEとは面倒に感じないLINEです。実際のところ男性は女性ほどLINEを好きではなく、既読無視して彼女を怒らせる男性はたくさんいるでしょう。ではなぜLINEを好きではないのか?…それは面倒に感じるからです。文章を読んで文章で返す…この行動を手間に思い、面倒に感じてしまうのです。
逆に言えば、面倒に感じないLINEであればそれは男性も嫌に思わないでしょうし、女性とのLINEを純粋に楽しみます。それと男性は女性との会話自体は楽しく感じますから、LINEのやりとりにおいて女性と会話している感覚になれば、そのLINEもまた楽しく思えるでしょう。

(1) 絵文字やスタンプをつかったLINE

LINEにおける絵文字やスタンプの使用率は女性の方が高く、特に30代や40代の男性は文字だけのシンプルなLINEを送ります。このため、絵文字やスタンプで装飾したLINEがくるとそれだけで嬉しく思います。
これは女性とLINEしていることを男性が実感できるからで、女性と会話している気分になるのです。ただし同じような絵文字やスタンプのLINEを男性に求めるのはNG!それを求められた瞬間、男性は面倒に感じてしまいます。

(2)「おはよう」や「おやすみ」の挨拶のLINE

特に独り暮らしの男性が喜ぶのが、「おはよう」や「おやすみ」の挨拶のLINEです。普段こうした挨拶のできる相手がいないのは寂しいもので、だからこそ挨拶のLINEがくると嬉しく思います。
また、挨拶のLINEは文章的にも長文にならないため、読むのに一切手間がかからないのも男性が喜ぶ理由の一つです。ただし、挨拶のLINEを送ることは女性の男性への好意が発覚することにもつながるため、現状それが嫌なら避けるべきでしょう。

2. 男性が嫌がるLINEとは

プラスにもマイナスにもなる!男性が喜ぶLINEと嫌がるLINE画像3

男性が嫌がるLINEは男性がLINEを嫌う理由とイコールであり、それは面倒に感じるLINEです。女性はLINEのやりとり自体を楽しみますから、むしろシンプルで素っ気ないLINEを嫌がります。一方男性はそれと全く逆で、長文で内容の詰まったLINEほど嫌がる傾向があります。
なぜならそこまでのLINEになると読むのに時間がかかる上、真剣に考えた上で返事しなければならず、その一連の行動を面倒に感じてしまうからです。分かりやすく言えば、気軽さのないLINEは男性が嫌がると思えば良いでしょう。

(1)「?」だらけの質問の多いLINE

質問だらけのLINEは毎回回答するのが面倒ですし、会話の流れ的に進展を感じないため男性をイライラさせてしまいます。例えば「冬の話題→クリスマスの話題」となれば会話が進んでいく感じがしますが、「質問→質問」となればそれがいつまで続くのかと思えてしまうのです。
その意味では、終わりの見えないLINEも男性が嫌がるLINEの一つですし、質問だらけのLINEを送ると終わりのない感満載で男性が嫌に感じてしまいます。

(2) 真面目な内容のLINE

男性はLINEを気軽かつ気楽に使いたいと考えているため、それができないLINE…つまり真面目な内容のLINEを嫌がります。もちろん仕事の業務連絡は別ですが、知人や友人とは雑談を楽しみたいのが男性の本音であり、文字どおり楽しむためにLINEする気持ちを持っています。
ですから、あまり真面目なLINEを送ってしまうと男性は嫌がりますし、そんなLINEばかり続けばその女性とのLINE自体を嫌がるようになってしまいます。

まとめ

例えば男性とのLINEが10回続いた場合と5回続いた場合、それぞれ比較した時に男性と親しくなれるのはどちらのLINEなのか?…それは10回続いた場合とは限りません。
恋愛の駆け引きにおけるLINEで重要なのは量ではなく質であり、いかに男性が喜ぶLINEを送るかがカギとなります。それを実践するためには、まず男性がどんなLINEを喜んでどんなLINEを嫌がるのか?…その男性心理から知っておきましょう。

 

written by Ryuka


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。