大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 破局につながる!?中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNG...
2019年02月03日更新

破局につながる!?中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNGワード

中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNGワード

アラサーになると、男性の体にも変化が現れ始めるといわれています。
20代まではどんな状況でも下半身だけは元気満々!だったのに、アラサーになってから、疲れや精神的な問題があるとセックスの時、中折れしてしまう男性も増えてくるんだとか・・・。
彼氏がセックスの時に中折れしてしまうと、「私に問題が!?」と焦って、言わなくてもいい一言を言って彼氏を傷つけてしまう女性もいるかもしれません。
中折れしてしまった彼氏に絶対に言ってはいけないNGワードを今回は幾つかご紹介します。

中折れした彼氏に言ってはいけない言葉

中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNGワード

(1)「疲れているのかな?」

一見すると彼氏の体調を気遣った優しい言葉のように思いますよね。
でも、中折れしてしまった時の男性は、気持ちが動揺していますし、自分がどうして中折れしてしまったのか理由がわかっていないことも多いんです。
「疲れているのかな?」というひと言で終わればまだ良いのですが、「どうして中折れしたの?悩みでもあるの?」というように、中折れした理由を探り出そうとするような会話は絶対にNGです。
面倒くさいと思われたり、余計に神経質になってしまい次のセックスでまた中折れという悪循環に陥ってしまうことも・・・。

(2)「私の事嫌いになった?」

中折れしてしまったり、セックスが上手くいかなかった時、この言葉を言ってしまう女性はとても多いようです。
男性の中折れは、精神的な要素が強く関係しているとはいえ、それが彼女を嫌いになった事と直接繋がっていないことが殆どです。
大抵の場合、仕事の疲れや人間関係のストレス、喧嘩の後に気持ちが落ち着いていないというような要素が重なって、中折れになってしまうといいます。
「私の事嫌いになった?」と言われると、男性はそうじゃないという事を説明するために神経を使います。
本当は違う原因で彼は中折れしているのに、私の事嫌いなんだ…という思い込みで破局に繋がってしまう恐れもあります。

(3)「時間が経ったら立つかもね!」

男性がセックス中に中折れしてもメンタルが強い女性ならこのような言葉を言ってしまうかもしれません。
でも、一度中折れしてしまうと男性は、気持ちもナイーブになりますし、すぐにエッチな気持ちになれず、中々勃起する事が出来ないようです。
「後でもう一回すればいいじゃん」こういったニュアンスの言葉は、彼にプレッシャーを与える事になるので、避けた方がいいです。
中折れした彼氏とは、その日のうちのセックスは無理だと諦めて、大人しく寝るのが正解です。

中折れした彼氏にかけてあげたい優しい言葉

中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNGワード

では、逆に中折れしてしまった彼氏にどんな言葉をかけてあげるのが正解なのでしょうか?
男性にアンケート調査を行った所以下のような言葉が嬉しいと感じるようです。

「お仕事頑張りすぎだよ」
「お酒のみすぎかな」
「こんな日もあるよ!」
「今日は大人しく寝ろって神様が言ってるんだよ」
「そんな○○君も大好きだよ」
「あたしも濡れない時があるんだからそれと同じだよ」

 

どの言葉も、彼氏が勃たないことを責めるのではなく、仕事やお酒など別のところに問題があったんだという切り口で言葉をかけるのが良さそうですね。
「神様のせい」にしていたり、「今日はそういう日」とあっさりと割り切っているような言葉でもOKでしょう。
コツとしては、自分にも責任はないし、彼氏が悪いわけでもないという事を伝えることです。
できるだけ明るい調子で伝えるとより効果的かもしれません。

中折れしてショックなのは女性よりも彼氏

セックス中に、下半身の元気がなくなり中折れしてしまうと多くの女性はショックを受けるはずです。
「私に魅力がないから?」「私のセックスじゃ満足が出来ないから?」と自分を責めてしまうと思います。
でも、中折れしてショックなのは、むしろ女性側より男性側なのです。
男性にとってセックスは「男の証」です。
中折れしてセックスを上手く出来なかったことに加え、彼女を傷つけてしまったかもしれないという罪悪感が重なり、もうショックと動揺で軽いパニック状態を引き起こしている事も多いんです。
この状態で、彼女が「私は傷ついた」と言うスタンスで泣いたり、感情的になったりすると、「もうダメだ」と全てを投げ出したくなった投げだしたくなった勢いで別れを切り出す男性もいます。
中折れしてしまった彼氏を目の前にして、かけてあげる言葉が上手く見つからない時は、できるだけショックな気持ちは隠して「大丈夫だよ」と優しく抱きしめてあげるのが女性としての力量なのかもしれませんね。


アラサー男性は、責任のある仕事を任されるようになり、仕事量もストレスも増え、20代の頃に比べると体力も段々低下してくる時期です。
中折れした彼氏を責めて、関係が悪くなるよりは、優しく包み込むように受け入れてあげることで「この女性はダメな俺も受け止めてくれる」と彼氏との愛情を深める事ができるかも。
セックスでの失敗も愛情を育てる大切な要素になることもあるのです。

 

written by 亀ぱんだ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 破局につながる!?中折れした彼氏に絶対に言ってはいけないNG...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。