大人女子のためのWebメディア
検索
2019年02月21日更新

トキメキが欲しい……。既婚女性が犯した不倫の末路3選

既婚女性の不倫の末路

毎日旦那と子どものご飯を作り、同じような家事をこなす。

他人から見れば、一見幸せそうな人生かもしれません。

しかし誰からも褒められない単調な日々を過ごしていると、「私だってトキメキが欲しい」との気持ちがわいてきます。

 

そんなときに素敵な男性から声を掛けられたら……。

自分には絶対にありえないと思っていた、「不倫」に走ってしまうことも。

 

しかし不倫は多額の慰謝料請求をされるのはもちろん、自分が思い描いていた未来とは異なる、最悪の結末を迎えることもあります。

そこで今回は「不倫の末路」についてご紹介します。

職場での不倫は、周囲にバレて信用をなくすことに

既婚女性が犯した不倫の末路

 

・「お互いに結婚しているのに、上司と不倫をしていたAちゃん。自分たちは隠し通しているつもりだったらしいが、周囲にはバレバレ。しかも上司の奥さんが職場に乗り込んできて、修羅場へと発展した。上司は左遷となり、Aちゃんは退職しました。Aちゃんは離婚はしなかったらしいですが、旦那の監視が厳しくなり、毎日のようにスマホチェックをされているそうです」(33歳/一般事務)

 

毎日顔を合わせる上司だからこそ、イケナイとはわかっていながらも、恋に落ちてしまうのでしょう。しかしいくらヒミツの恋を育んでいるつもりでも、意外と周りにはバレているものです。

軽い遊びのつもりだった不倫から、家庭も仕事もすべて失う……。こんな人生で本当に良いのでしょうか?

学校や習いごとの先生と不倫をして、その街にいられなくなった

・「子どもが水泳の習いごとをしていたのですが、そこの独身の先生と不倫関係になりました。会うときはもっぱら彼の家だったのですが、偶然ママ友に目撃されてしまったみたいで……。たちまちその噂がママ友内に広がり、問題に。子どももいじめられてしまい、もうその街にはいられなくなりました」(35歳/主婦)

 

自分だけならまだしも、不倫は子どもにも迷惑がかかります。自分のせいで子どもがいじめられるなんてことになったら……。悔やんでも悔やみ切れません。

たとえ旦那とは別れずに済んでも、いままでとは全く違う生活になるでしょう。

旦那にも不倫相手にもフラれ、ひとりぼっちに

既婚女性が犯した不倫の末路

・「ダブル不倫だったのですが、彼のほうは別れず、うちだけ離婚することになりました。いまはひとりで派遣として働いていますが、『彼も別れてくれたら、再婚できたのに……』と思ってしまう自分がいます」(28歳/経理)

 

こちらはまさに『昼顔』状態。何もかもが自分の思い通りにいくとは限りません。

いくら彼が「嫁とは別れるから」と言っていたとしても、それを鵜呑みにするのはNGです。

最終的にひとりぼっちとなり、毎日寂しさや憎しみと戦うことになるでしょう。

 

 

一夜の過ちが、自分の一生を狂わせることもあります。

それくらい、不倫は恐ろしいものです。

「トキメキが欲しい」と思ったときこそ、ほかの男性に走るのではなく、まずは旦那との関係を見つめ直すべきでしょう。

 

written by 和


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。