大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法
2019年02月19日更新

「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法

「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法

自分の性格の短所を魅力に変えられたら素敵ですよね。

今回は大人になると残念な一面と思われがちな「かまってちゃん」な性格を、自分の魅力の一つに変える方法を提案いたします!

1. 素直に感情を表現する

「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法

かまってちゃんな人にありがちなのが、相手に自分の気持ちを察してもらおうとすることです。

自分の気持ちを言葉にしないで察してほしいというのは、面倒な人だと思われてしまいます。素直にもっとかまってほしい!と口に出してしまえば、面倒ではなく素直で接しやすい印象に変わりますよ。

かまてっちゃんな性格を自覚しているならば、少し工夫するだけで魅力に変えられます。かまってちゃんを隠そうとすればするほど、魅力から遠ざかりますので要注意です。

「もっとかまって、褒めてくれると嬉しい、私の話を聞いてほしい」とどんどん口にだせば、案外周りは受け止めてくれるはずですよ。

2. いつも笑顔でいる

「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法

人から注目されたいという気持ちが強いならば、笑顔が大事。

ムスッとした不機嫌顔では誰も近づきたいとは思いませんよね。笑顔でいれば自然と人の輪の中心に立つことができます。あなたも周囲もご機嫌でいられる秘訣です。

笑顔はハッピーオーラを出す一番簡単な方法です。

負のオーラをまとっていればまともな人は遠ざかり、嫌な人しか寄ってきません。他人は自分を映す合わせ鏡です。あなたが笑顔でご機嫌でいれば、穏やかで人望のある人からの関心を集めることができます。

3. 無理にいい人を演じない

「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法

人に好かれたいあまりに、いい人でいなければならないと思っていませんか?

いい人とは都合のいい人と言い換えることもできます。

相性の悪い人には嫌われてもいいや、くらいの方がコミュニケーションもうまくいきます。

自分のかまってちゃんな性格を押し殺して、いい人に徹するのはやめましょう!

いい人でいれば愛される、なんてのは幻想だと感じている人も多いはず。

損な役回りを演じるのはもうやめて、自分に正直に生きるほうが人としての魅力もアップします。自分のありのままの性格を受け入れてのびのびとしている姿は、真の愛されキャラにふさわしいでしょう。

かまってちゃんな性格を変えようとするよりも、ありのままでいるほうがずっと素敵です。自分磨きのヒントにしてくださいね。

 

written by まこと


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

私自身の成功体験や失敗談を基に、役に立つ恋愛や女磨きのハウツーについて記事を書いています。役に立つことはもちろん、読むことで明るい気持ちになって前を向けるような内容になるようにしていきたいです。私の記事が皆さんの背中を押す存在であることを、願っています。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「かまってちゃん」な性格を少しの工夫で「魅力」に変える方法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。