大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月14日更新

「酔っている男性の告白」は本音なの?

酔っている男性の告白は本音なの

いくら男性からの告白が嬉しいと言っても、お酒に酔っている男性に告白された場合は女性も悩んでしまいます。何しろ男性は文字どおりお酒に酔っているわけですから、まず男性の告白自体が本音なのかお酒のせいなのかが判断しづらいですからね。

また、お酒の強さや酔った状態での言動の特徴は男性によって異なるため、断言できるほどの回答はここではできません。しかし、それを判断するポイントやコツをお伝えすることはできます。

酔っている男性の告白は本音の可能性が高い

酔っている男性の告白は本音なの

結論から言うと、酔っている男性の告白は本音の可能性が高く、告白の言葉自体は信じてもいいでしょう。確かに、お酒に酔った状態だと男性は自分の意思で告白しているとは思えません。しかし、その言葉が本音か嘘かで考えれば、例えお酒に酔っていても前者…つまり本音の可能性が高いのです。

その根拠はお酒に酔った時の心理状態が関係しており、まず告白は無視して酔っている時の男性心理を考えてみてください。

(1) 酔っている男性の言葉の信憑性

お酒に酔うと男性は気が大きくなるため、素面の時に比べて言いたいことが言える心理状態です。ですから、上司の悪口を言いたい放題、溜まっていた仕事の愚痴を延々と話す…お酒の席でこうしたことを話す男性は多いですよね。普段は言えないけど、酔って気が大きくなっているからこそ言えるわけです。

しかし、それは男性の秘めた本音とも考えられます。「言いたくても言えないこと」…それは「思っているけど正直に言えない」と言い換えることもでき、そのため酔っている男性が女性に告白したら、それは本音である可能性が高いのです。

(2) 酔っている男性の行動の信憑性

お酒に酔っている男性の告白は本音の可能性が高く、それは酔うと秘めた本音が出るからです。このため、告白に限らず酔っている男性の言葉はどれも本音である可能性が高いのですが、そこに行動が伴うとそうとも言えなくなります。と言うのも、人にもよりますが酔っている男性は無鉄砲な行動に出ることがあるからです。

実際、酔うと脱いだりキスしたりする男性がいますが、それは別に露出狂やキスしたい願望を秘めているわけではなく、ただ無鉄砲で大胆になっているだけです。また、酔っている時の行動はある種の癖のような部分もあり、そのため行動の場合は本音ではなく嘘…と言うより何も考えていない可能性が高いのです。

(3) ポイント

・酔っている男性が告白した時、言葉による告白のみなら本音の可能性が高い

・酔っている男性が告白した時、キスを求めるなど行動が伴う場合は本音ではない可能性が高い

酔っている男性の告白を本音と信じるリスク

酔っている男性の告白は本音なの

酔っている男性が告白したとして、そこに一切の行動がない場合はおそらく本音です。これは説明したとおり、酔っている状態だと口にできない秘めたことを口にしてしまう傾向があるからです。しかし、その告白を100%信じるにはリスクがあることも忘れてはいけません。

言葉だけの告白なら本音の可能性が高いのは事実ですが、その場合もまた信じることにリスクがあることを知っておきましょう。

(1) 男性が酔っている演技をしている可能性

本当に酔っているなら男性の告白は本音でしょうが、そもそも酔っているのが演技である可能性も否定できません。酔っているフリをしているわけですから、その場合は少なくともその点で男性は嘘をついていますし、嘘が混ざっている以上、男性の言葉をストレートに信じるのは危険です。

ただし、酔っている演技をしながらも男性の告白が本音であるケースもあり、それは男性が告白する勇気がないことで、酔って告白したことにしようと考えるケース…いわゆる戦略です。最も、それはそれで男性は堂々と告白することから逃げたわけですから、女性も素直に嬉しいとは言えないでしょう。

(2) 男性が告白したことを覚えていない可能性

いくら男性の告白が本音でも、酔っているせいで男性がそれを覚えていない可能性もあります。実際、女性に告白するのは男性も勇気が要りますし、脈ありの自信がなければそれは尚更です。そんな告白を酔ってしてしまう以上、その時の男性の酔いは相当なものだと予想できますから、記憶が飛んでいても不思議はありません。

いくら酔っている男性の告白が本音でも、告白したことを男性が覚えていなければ、翌日からの接し方で問題が発生するケースがあるのです。例えば女性が彼女になった気分で接しても、告白を覚えていない男性からすれば女性の行動は不自然に見え、リアクションのない男性に対して女性が怒りを覚えるなどのケースです。

(3) ポイント

・本当に酔っている男性の告白なら本音だが、男性が酔った演技をしている可能性もある

・本音の告白でも、酔いすぎていると男性は告白したことを覚えていない可能性がある

まとめ

酔っている男性の告白は本音の可能性が高く、それは酔うと気が大きくなるため、言いたくても言えないことを平気で言えてしまう心理状態が根拠です。あなたも酔った勢いで人の悪口や仕事の愚痴をつい言ってしまった経験が一度はあると思いますが、それは秘めた本音でもあり、つまり酔うと本音が出やすくなるのです。

 

一方で、酔った時の言葉は本音でも行動はそうではなく、そのため何らかの行動を伴った告白には本音を感じられません。また、そもそも酔っているのが演技の可能性も否定できないですし、酔っていて男性が告白を覚えていない可能性もあり、酔った男性の告白は例え本音でも、同時にこうしたリスクが発生します。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。