大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月21日更新

最近人気!『保守系堅実タイプ』の男性攻略法

保守系堅実タイプの男性

ひと昔までは『三高』と言うような「高学歴、高収入、高身長」の男性が婚活の場では人気がありました。しかし、経済状況が不安定な昨今の結婚において求められるのは『三低』と言われる「低姿勢、低依存、低リスク」や、新3Kに「価値観が合う、金銭感覚が合う、雇用が安定している」など結婚生活が安定的に継続できる相手を選ぶ傾向が強くあります。

その為、最近では『バリバリ肉食系タイプ』よりも『保守系堅実タイプ』が、安定感を求める婚活女性には人気があります。

身近にもいるかも?『保守系堅実タイプ』はこんな男性

保守系堅実タイプの男性

ではこの安定感抜群の『保守系堅実タイプ』とはどんな男性なのでしょうか。

① 家族を大切にする

② 真面目で努力家

③ やや完璧主義な面がある

④ 恋愛や仕事も冒険せずに安全策を取る

⑤ 一途で浮気などが苦手

⑥ 恋愛経験があっても女性に不慣れな雰囲気がある

 

上記の特徴が当てはまる場合は、『保守系堅実タイプ』の男性と言えるでしょう。

『保守系堅実タイプ』は、恋愛の駆け引きが苦手

『保守系堅実タイプ』の男性と恋愛関係に持ち込むために大切なポイントは、恋愛の駆け引きをしようとしないことです。女性雑誌などで見かける小手先のテクニックを駆使すると『保守系堅実タイプ』の男性は「この子は自分を好きなのか分らないからやめておこう」と、恋愛に発展する前に距離を取られてしまうことになります。

ですので、『保守系堅実タイプ』の男性を恋愛モードにするには「ストレートな愛情表現」が効果的です。恥ずかしいから無理…と思った方は安心してください!言葉にして好きだと言う必要はありません。ただ「一緒にいれて嬉しい、幸せ。」や「ずっと一緒にいたい。」と態度や言葉で伝えるようにしましょう。

『保守系堅実タイプ』は結婚へ舵切りが遅めなので注意が必要

保守系堅実タイプの男性

『保守系堅実タイプ』の男性は現状を変えることが苦手です。その為、人生の大きな決断である『結婚』に踏み切るのがやや遅い傾向があります。そこでプレッシャーを掛けてしまうと『保守系堅実タイプ』の男性は、そのストレスから逃げてしまいがちな傾向にあるので『保守系堅実タイプ』と結婚したい方は、長期戦を覚悟することも大切です。

そして、「あなたとずっと一緒にいたい」と伝えて、彼の仕事や性格を認め、彼の家族と仲良くしていくことが結婚への一番の近道となります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。