大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月27日更新

実態!ずっと仲良しカップルはこんなLINEをしていた!

仲良しカップルはこんなLINEをしていた

どんな女性も「できることなら、彼氏とずっと仲良しでいたい」と思うもの。

でも、半分以上のカップルは、破局を迎えてしまいます。

では、ずっと仲良しのカップルと破局してしまうカップル、いったい何が違うのでしょう?

今回は、ずっと仲良しのカップルのLINEの実態を紹介していきます。

仲のいいカップルがどんなLINEをしているかを覗いてみてください。

挨拶LINE

仲良しカップルはこんなLINEをしていた

「おはよう」

「おやすみ」

「おつかれさま」

仲のいいカップルは、たとえ一緒に住んでいたとしても、「おつかれさま」のような挨拶LINEをしています。

 

仕事が終わったら、恋人にLINEすることが当たり前の感覚になっていて、恋人の枠を超え、家族に近い関係になっているのです。

一緒に住んでいない場合は、「おはよう」「おやすみ」などの定番挨拶も欠かさず行っていることが多いでしょう。

ありがとうLINE

仲良しカップルはこんなLINEをしていた

お礼を言うべき場所では、必ずお礼を伝えている。

その内容が、たとえ直接会っているときに一度伝えたことであっても、あらためてLINEで「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えているのです。

 

たとえば、

彼がご馳走してくれたから、会っているときに「ごちそうさま」とお礼を言い、そのあとLINEでも「今日は美味しかった、ありがとね」とお礼を送っている。たとえ、付き合って10年以上経っていても。

 

たとえば、

彼が自分の仲間内の飲み会に参加してくれた。なんとなく感謝の気持ちは伝えていたけど、ちゃんとお礼を言い忘れたので、LINEで「今日はありがとね。みんなすごく喜んでた」と伝えている。たとえ、同棲3年目のカップルでも。

 

お互いにしっかり感謝の気持ちを伝え合っているからこそ、固い信頼関係が生まれ、些細なことで破局しなくなるのでしょう。

2人だけの合言葉

仲良しカップルはこんなLINEをしていた

たとえば、

・「おはよう」のことを2人だけのLINEでは、「お」とだけ送る

・「コンビニでアロエヨーグルト買ってきて」という内容を2人だけのLINEでは「アロヨね~」と送る

 

付き合いが長くなればなるほど、ツーカーの仲になりやすいため、2人だけの合言葉がどんどん増えていき、

・この人は自分のことをよく理解してくれている

・こんなに自分のことを分かってくれる人は、なかなかいない

と、特別な存在にもなっていくのでしょう。

まとめ

ずっと仲良しのカップルがしているLINとは、この3つです。

 

・挨拶を当たり前のようにLINEで送っている

・ありがとうを惜しまない

・2人だけに通じる暗号のような言葉がある

 

どれも2人の関係をぐっと親密にする手助けをしてくれます。気になるものを試してみてくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。