大人女子のためのWebメディア
検索
2019年06月26日更新

既婚女性から聞かされる結婚話に対処する方法

既婚女性から聞かされる結婚話

婚活をしている女性にとって、『ハッビーオラー全開の既婚女性』はキラキラ眩しいですよね。それに結婚を具体的にイメージするときに『先輩』である既婚者に色々と聞くのが、手っ取り早いこともあります。でも、既婚者から聞かされる『結婚話』をなんでも鵜呑みにするのはちょっと危険かもしれません。

何故ならば、誰かに自分の話をする時はその人の考え方や受け取り方が反映されるので、真実とは違うものになってしまうからです。それは、嘘をつこうとしている訳ではなく、人間は正確に伝えようと努力しても、無意識に自分に都合よく解釈してしまうからです。

結婚にマイナスイメージを抱かせる愚痴は聞かない

結婚は他人同士が家族として生活するのですから『考え方の違い』や『感じ方の違い』があっても不思議ではありません。お互いがその違いを理解しあうことにより、新しい家庭を作っていきます。

しかし、稀に相手に理解してもらえないことを「自分の夫は何も分かってくれない。」と、過剰に悲劇的に訴える人がいます。そう言う話をしてくる女性とは近すぎない距離感で接した方がいいでしょう。

既婚女性から聞かされる『結婚の苦労話』を真に受けてしまうと、結婚に対して過剰に不安がったり警戒したりすることになります。そうなってしまうと、折角の『ご縁』を不安な気持ちに引っ張られて見逃してしまうことになるかもしれません。

過剰な幸せアピールは鵜呑みにしない

本当に幸せで充実している人は、SNSに過剰な幸せアピールをしません。何故ならばそんなことをしなくても幸せだからです。

幸せをSNSでアピールする人は、他の人に幸せだね、と承認して貰わないと満足できないからです。また、それを幸せの基準にすると結婚相手に幸せを過剰に求めてしまい、マッチングが難しくなってしまうこともあるでしょう。

よそはよそ、うちはうちと割り切る気持ちを持つ

幸せな結婚話にしろ不幸せな結婚話にしろ、『うちはうち、よそはよそ』と割り切って考えることが大切です。そうしないと結婚はこうでなくてはならない、と周囲の考え方や行動に一喜一憂して縛られることになってしまいます。

婚活中のときは、結婚している女性が何でも知っている先輩のように思えて頼もしいときもあります。しかし、「あなたを心配しているから」を大義名分に上から押さえ付ける様な物言いをしてくるようなら相手にしなくて構いません。

結婚の幸せの形は、自分の中にあります。聞かされる結婚話は取捨選択をして、ポジティブな結婚のイメージを大切にしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。