大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 専業主婦になりたくないと考える女性の心理と専業主婦のメリット...
2019年09月13日更新

専業主婦になりたくないと考える女性の心理と専業主婦のメリット3選

専業主婦になりたくないと考える女性

専業主婦になりたくない!女性がそのように思うのはなぜ?

結婚した後、男性はそのまま続き働ける人が多いですが、女性は退職するべきか、引き続き働くべきかを悩んでしまうという人も多いでしょう。結婚相手と今後のことについて一緒に考えると、仕事を続けるべきかどうか、意見が割れてしまうということもあるでしょう。

近年では女性が働きやすい職場環境が整いつつあることから、結婚後も働きたい女性が増えていたり、子どもが出来るまでは働きたいと考える女性も多くいるようです。こちらでは専業主婦になりたくない理由と、専業主婦になるメリットについてご紹介します。

専業主婦になりたくないと考える女性の心理3選

専業主婦になりたくないと考える女性

専業主婦になりたくてもなることが出来ないという人がいる一方、専業主婦になりたくないと考える女性がいることも事実です。専業主婦になりたくないと考える女性はどのような理由からでしょうか。こちらでは専業主婦になりたくないと考える理由を紹介します。結婚しても働くべきなのかどうかで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

(1) 社会との繋がりが欲しい

専業主婦になりたくないと考える人の中には、社会とのつながりを大切にしたいと考えている人も多いようです。結婚して仕事を辞めてしまうと、急に社会から置いて行かれたような感覚になるのが怖いという人もいるようですね。

職場環境が良かったり、仕事にやりがいを持っている人、好きな仕事につくことが出来ている人にとっては、社会の繋がりや今働いている会社を大切にしたいと言う思いが強くなるのでしょう。

(2) 金銭的に厳しい

専業主婦になりたくない理由の一つとして、金銭面を気にしている場合も多いようです。夫の収入面に不安がある夫婦は、専業主婦ではなく共働きがいいと考えるケースが非常に多いようです。また、旅行好きな人や、お互いに趣味を持っているという人、お金はあればあるだけ蓄えておきたいと考える人、将来設計をしたときにお金が足りないと考える人は共働きを目指しておくといいかもしれませんね。

(3) 夫婦内の立場の問題

専業主婦は365日休みなく家事育児をこなし、献身的に家族のために働きますが、特に感謝されることもなく勿論無給です。専業主婦になることで、自分の立場が弱くなってしまうということを気にする人も多いようです。「自分でお金を稼いでいない」ことから肩身が狭く感じる人は、専業主婦にはならずに仕事を続けた方がよいかもしれませんね。共働き夫婦の場合は、家事の分担をすることが出来ることから、お互いに同じ立場で物事を考えることが出来るようになるのかもしれませんね。

専業主婦になるメリット3選

専業主婦になりたくないと考える女性

専業主婦になりたくないという女性がいる中、専業主婦になりたいと考える女性も実際には多いようです。共働きの方が夫婦関係はうまくいくケースが多いかもしれませんが、「男は仕事、女は家庭」と考える男性と結婚した場合や、旦那の仕事が多忙な場合などには、専業主婦の方が夫婦円満でいることができるという場合もあるでしょう。こちらでは専業主婦ならではのメリットを3つご紹介します。

(1) 子どもの成長を傍で見守ることが出来る

子どもの成長はとても早く、振り返ってみるとあっという間だったと感じることでしょう。専業主婦になることで、子どもの成長に合わせ、子どもの都合で物事を考えることのできる余裕ができるようになることも。育児と家事を両立しながらこなしていくことは簡単なことではありませんが、充実した生活を送ることが出来るでしょう。子どもの成長を傍で見守ることが出来るのは専業主婦の特権ですね。

(2) 時間に余裕ができ夫のサポートができる

共働きをしているとどうしても夫に求めてしまうことが増えてしまったり、夫のサポートにまで手が回らないこともあります。男性からすれば、共働きということを理解しているつもりでも、疲れて帰ってきて家事がたくさん残っていることに対して不満を感じる人もいるようです。専業主婦になると家事は基本的に妻の分担になるので夫の家事負担がなくなります。また、夫をサポートできる時間の余裕も持てるようになることでしょう。

(3) 意外と節約が出来たり保育料がかからない

専業主婦になることに金銭面で不安になってしまう人もいるかもしれませんが、金銭的に余裕がないからこそ、節約を心掛け、無駄な費用を抑えることが出来るようになるでしょう。また共働きになると子どもを保育園に預けないといけなくなるでしょうが、保育料がかかり、そのうえ忙しいということにもなるでしょう。

 

専業主婦も共働きもそれぞれメリットとデメリットが存在しています。最も大切なのは、夫婦に合った形を大切にするということです。自分らしく夫婦らしく過ごせる形を見つけていくことが出来れば、一番幸せな形をとることが出来るようになるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 専業主婦になりたくないと考える女性の心理と専業主婦のメリット...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。